テーマ:雑学

認知バイアス

 「認知バイアス」という言葉を聞いたことがありますか?簡単に言うと、「思い込みによって、間違った判断をくだすこと」と言えるかもしれません。私たちは客観的に判断していると思っても、経験や知識や状況など、色々な要素により偏った見方をしてしまう傾向があるのです。 認知バイアスのうち、いくつかを取り上げてみます。 (参考:「知育ノート」他) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンデイトリップ  奥深い日本文化!

 先月からALTの先生と芝桜を見に行く約束をしていた。まだ早いかも?と思いつつも、彼女の予定が空いている日ということで、今日行ってきた。  せっかく出かけるのだからと思い、揖保乃糸そうめんの里と林田大庄屋三木家住宅にも行くことにした。 ヤマサ蒲鉾 芝桜の小道 ヤマサ蒲鉾 ホームページ  やはりまだ早いようで、満開までにはあと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

英語になった日本語 tsunami について

津波という日本語が英語の「tsunami」になった経緯について、教科書に書かれていた。 「津波(tsunami)は世界共通語である。1946年ハワイ島のヒロ市で津波の大きな被害があった。日系人の多い市だったので「津波」ということばが盛んに使われた。新聞にも「TSUNAMI」の文字が使われ、米国本土の新聞でも紹介された。それが徐々に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ダ・ヴィンチ 前立腺がん手術支援ロボット

前立腺がんの手術は、アメリカではダ・ヴィンチによる手術が9割を超えているそうです。日本では、昨年4月に保険適用になったと聞きます。 「ダ・ヴィンチはすごい!」 知っている人は言いますが、まだ医療関係者の間でも十分周知されている、というところまでは行っていないようです。 患者にとって、かなり負担が少なく、精度の高い手術が可能なようで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

一休宗純

正月になると、一休さんの言葉を思い出す。   正月は冥土の旅の一里塚     めでたくもありめでたくもなし 正月に、杖の頭にどくろをしつらえて、 「ご用心、ご用心!」 と叫びながら練り歩いたそうだ。 私は子どもの頃から、 「日付以外に何かが変わるわけではないのに、何がめでたいんだろう?」 と思っていた。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「謙虚」と「謙遜」

「謙虚」と「謙遜」の違いは何だろう? 検索した結果、分かったこと。 「謙虚」 へりくだってつつましいこと 「謙遜」 へりくだる(ようす) 「謙虚」はその人そのものの性質を表し、「謙遜」は態度・様子を表す などとある。なる…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「士農工商」―放送禁止用語?

江戸時代の身分制度についての歴史認識が変わっているという。 「今は士農工商って言わないのよ。」 と社会の先生。 え~っ? ワタシたち、そう習ったよね?どういうこと こういうときは、 「ウィキペディア先生に聞いてみよう!」 結論から言うと、江戸時代の身分は「士」と「農工商」で…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ビートルズ

 今年の英語の教科書には、比較級のところでビートルズのことが出てきた。ジョン・レノンが凶弾に倒れたことは知っていたが、ビートルズについてはあまり知らず、生徒に教えるタネも無かったので、調べてみた。 4人のメンバーのうち、ジョージ・ハリスンは亡くなり、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが存命であるとわかった。ロンドンオリンピックはほ…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

蛇と竜

今日のラジオ中国語講座は「葉公竜を好む」という故事でした。 「葉公は楚の国の人である。彼は竜がたいへん好きだった。彼の家は、壁に竜の絵を描き、梁に竜を彫刻し、布団にも竜が刺繍してあった。  天の本物の竜はそのことを知ってたいへんに感激し、天からおりてきてみずから葉公の家を訪ねた。ところが竜が窓から顔を差し入れると、家の中で座って…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

比較級、最上級

 今中学2年生は比較級、最上級を学習中である。 他の先生が現実のものを使った練習問題を作っておられ、私もそういうものが良いと思うので、最新データを調べてみた。世界一のお金持ちはだれか?というものでは、ビル・ゲイツが出てきた。 (実はロックフェラーだという情報もあったが) それによると、ビル・ゲイツの推定資産は530憶ドルとあった。日本円…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more