テーマ:中国

「悪いニュース」が希望の証拠

中国(China)のカシュガル空港には、床に「特殊旅客、人体器官運輸通道」と書かれた、一般人立ち入り禁止の通路があります。移植用の臓器を運ぶための専用通路です。世界中の他のどこの空港にも無いこのような通路があるのはなぜでしょうか?それは非常に多くの臓器移植が行われていることの証拠です。中国国有の南方航空は、一年で500件以上を運んだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

洗脳された元日本兵

 朝日放送で、百何歳かの元日本兵が「悪いことをした」と言っていたそうです。「妊婦の腹をさいて赤ん坊を取り出しコロした」のだそう。 性懲りもなく繰り返される反日プロパガンダ! でも、その本人はウソをついていると思っていないのだろうと思います。おそらくは「中国帰還者連絡会」略称「中帰連」のメンバー。彼らは撫順戦犯収容所というところで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あるダムの惨状

 日本円にしておよそ4兆8000億円(物価の格差を考えれば48兆円)もの建設費を投入し、140万人もの人々を立ち退かせて建設された巨大ダム。ところが当初予定された発電量を生産できないだけでなく、環境を破壊し、イルカや魚類を絶滅させ、地震まで誘発。将来、決壊が避けられない時限爆弾と化している。それが三峡ダムです。  「 中国が誇る世…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

天津爆発 きのこ雲立ち上る!

天津開発区の大爆発事故、「きのこ雲が立ち上り、空気に異臭」「数十キロ離れた場所にも振動」=中国ネットが事故のすさまじさをツイート 2015年8月13日(木)11時20分配信 Record China 2015年8月13日、中国メディア・新浪は、中国天津市の開発区で起きた爆発事故のすさまじさについて、「現場にはきのこ雲が…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

中国の海洋進出   Let it go!?

今朝のNHKラジオ、6時17分ころ「中国の海洋進出」のニュース。 その後、唐突に「Let It Go!」。 え? 何? 「中国の海洋進出」を「そのまま行かせましょう!」ということなのね? あからさまだねえ、NHK その後には、「戦争はイヤ~~!」 というリスナーの投稿。 偏向N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国関連記事まとめ

これまでいくつかチャイナ関連記事を書いていた。 それをまとめてみようと思う。 中国人が「良きサマリア人」になれない理由 << 作成日時 : 2011/11/19 >>   「今、中国で人助けをするのは外国人。」 どうしてそうなってしまったのか? 中国の日本軍 <&l…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国に残りたかった日本兵

「手足のない乞食」の記事を読んだ友人Nさん、 「びっくりした!」 それから私に訊ねた。 「mayflowerさん、中国人っていいの、悪いの? 私の父親は中国に行ってたんだけど、中国の人がとってもいい人たちで好きになって、中国に骨をうずめたいと思ったんだって。結局、親がそれでは困る、と言って帰って来たんだけど…。」 その答えは、…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

謝罪する元日本兵

中国には、各地を巡って日本軍の「蛮行」を謝罪している元日本兵がいたそうです。 ある中国人の青年が、それを見た時不審に思った点を、次のように記しました。 「これらの日本兵は、シナで十数回の謝罪の旅をしたそうだが、なぜ自分の手で殺したはずのシナ人被害者の遺族や親せきの所には一回も訪問や謝罪をしていないのか? もし彼らの発言が全て事…
トラックバック:4
コメント:7

続きを読むread more

痛打落水狗

先日来、コメントが全くいただけないので、「なんでだろう?」と寂しく思っていました。 ブロ友さんからのメッセージで、コメント欄がなかったことがわかりました。 コメントを試みてくださった方々、申し訳ありませんでした               {%キ…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

「鶏を殺してサルを脅す」

中国製ナゲットなど、中国食品の危険性が注目されている。 しかしこのことは、中国ではかなり以前からインターネットで指摘されていたようだ。 私は友人ヤンさんから、「腐肉がソーセージに加工される」動画や、「背中から水を吹き出す牛」の動画を見せてもらったことがある。牛が水を吹き出すのは、体重を増やすためにホースで無理やり水を飲まされたため。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親共ウイグル人養成計画

中国共産党はウイグル人をひどく弾圧していると聞いている。だから、上海にウイグル人の学校があると聞いた時は「どういうこと?」と思った。 その学校は、ウイグル人の共産党幹部を養成する学校らしい。そこを出れば、故郷に帰って幹部として利権を得られ、金持ちになれるわけだ。 どんな教育が行われるか?当然、洗脳教育だろう。 習近平のウイグル…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

手足のない乞食

中国ブログを見ている友人ヤンさんは、いろいろなことを教えてくれる。どちらかといえば、良くないことの方が多いが。 今日聞いた話も驚愕させられる。 広東のある場所に、手足のない乞食がたくさんいるという。それが、拉致されて手足を切断された人たちだそうだ。それが分かったのは、次のようなきっかけからだったらしい。 ある女性が、そんな乞食のひ…
トラックバック:4
コメント:10

続きを読むread more

嘘をつく人々

 今から約7年前、まだ経験が浅かったころ、生徒に騙された。 授業中ノックするので戸を開けると、3年生の男子が、 「○○先生が、マーカーを貸してくださいって言ってます。」 「?」 おかしいなあ、と思いながらもマーカーを渡してしまった。 今なら授業中の他の教室に何かを借りに生徒に行かせるなど、あり得ないことが分かる。が、その時…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

日本兵  蛮行は事実?

 私の家族の恩人、Hさんは、中国での戦争に参加した人だった。訪問したとき、戦友会の写真や本を見せてくれた。伍長だったそうだ。  下の者を殴るのが当然の軍隊で、人を殴ったことがなかったという。優しい人だったので、男性であるにもかかわらず「お母さん」と呼ばれた、と書かれていた。  訪ねた時はもう、ほとんど寝たきり状態だった。その彼が言っ…
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

中国製

冬物衣料を買いに行った。 タイツや靴下、肌着など数点買って、2千円程度。 全部、中国製。 安いけど、しっかりしている。 日本のメーカーが中国で作っているのだろう。 ときどき、私たちは搾取しているの?と疑問に思う。 かといって、どうしようもない。 仕事で中国の若いビジネスマンと話したというヤンさんが、感想を聞かせてくれた…
トラックバック:3
コメント:7

続きを読むread more

反日アルバイト

興味深い情報をいつも教えてくれる、中国人の友人ヤンさん(仮名)。 中国共産党が反日教育をしていることは十分承知しているが、教育されている側の人々はそれをどのように受けとめているのか、気になっていた。 「アルバイトでやっているよ。お弁当ももらえるし。」 「以前日本でも、中国のオリンピック開催を応援するため、中国人留学生をバイトさせて…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

人体の不思議展―人間の標本

理科室にある人体模型や骨格標本。 もし本物の人間の標本だったら? 恐ろしい…。 そんな恐ろしいことが実際にあったなんて! たまたまリンクで行った影武者さんの「風林火山」というブログ。 過去記事にあった「中国の死体ビジネス」というのを見た。 あまりにもショッキングな動画。 おぞましい・・・。 驚きは続く。 隣の先…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

「裸官」

今回の「中国語の勉強」は、中国語と言うより「中国事情」的なものになった。私が「天安門事件」を話題にしたためだ。 先日娘(28)と話していたら、「天安門事件」を知らないと言うので、知っていることを説明した。彼女はすぐにスマホで検索。その結果出てきた動画を見せられた。 …見たくなかった、見なければ良かった画像だった。 話には聞いて…
トラックバック:2
コメント:14

続きを読むread more

中国の事

中国人の友達に、中国語を教えてもらっている。もっとも、彼女は日本語が堪能なので日本語でのおしゃべりの方が圧倒的に多いが。 報道では分からない内部事情(?)とか、知ることができて面白い。 今、中国では男の子を持つ親が大変だそうだ。結婚に当たって、男性側が家を用意しなければならないと言う。 結婚は「契約」で、女性側がその家にたいす…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

中国の日本軍

 学生のとき、本多勝一という人の写真集「中国の日本軍」というものを見た。日本人はなんてひどいことをしたのかと思った。大量虐殺に人体実験、とくに強姦記念写真にはあきれた。ところが、最近になって偶然に談話室に置かれていた雑誌で、彼が中国共産党からの情報を鵜呑みにして作った写真集だったということを知った。確かに違和感は覚えたが、そのときは「経…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

中国人が「良きサマリア人」になれない理由

 中国で2歳の女の子が車にひかれたのを、18人の人が見て見ぬふりをし、結局2度ひかれて死亡した、ということがあった。中国人はなんと薄情なのかと、多くの人が驚いた。中国のネット上にも、それを非難する書き込みがたくさんあったということだ。このことに関して、中国人の友人が理由を教えてくれた。 以前に、熱中症で倒れた女性を親切に病院に運んであげ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more