テーマ:中学生

嘘は嫌い!!

一昨日のこと。 英語の授業をする教室に行ったら、カギが閉まっているように見えた。私より先に歩いている男子に、 「閉まっているの?」 と聞いたら。 「開いている。」と言う。 (え?開いているの?) ところが次の瞬間、 「閉まってるよ~!」と笑う。 (ムカ~ッ!) 「嘘をつくなッ!嘘つきは泥棒の始…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スタンプラリー

5年勤めた学校を後にし、今年は違う中学にかわった。 前の学校ではずっと2年生の担当だったが、今年は3年生。 先週修学旅行があり、その準備などでずっと授業がなかった。 今週やっと授業開始。 各クラスで、準備しておいた課題点検表を、ワーク・プリントファイル・ノートなどそれぞれに貼らせた。 スタンプラリーだね~。 でもこれが結…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カンボジア

この時期になると、教科書の「アキ・ラー」さんの単元になるので、カンボジアを思いだす。 昨年娘がアンコールワットに行くというので、「アキラの地雷博物館」にも行ったら?と勧めた。実際に行って良かった、と言っていた。 行かなければ分からなかった情報も教えてくれた。通訳の人と仲良くなり、いろいろ教えてもらったそうだ。 その中で特に印象に残…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

アキラの地雷博物館

今年から教科書が変わりました。今年の英語教科書には、カンボジアの地雷除去活動をしている、アキ・ラーさんのことが載せられています。以下、教科書からの要約です。 「わたしの名前は、アキ・ラーです。カンボジア人です。 子どもの頃、無理やり兵士にならされました。他の子どもたちと、ジャングルに住んでいました。 戦ったり、地雷を埋めたりし…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

補充学習3日目!

昨日は英語の研修に参加したため、補充学習には行かなかった。 今日は、3日目。 私の特製の「単語読み練習プリント」をさせることになった。 英語のできない生徒は、よく読めないことが多い。読めないものを書くことはまず不可能。 それで、読みの練習のため、フォニックス(英語の文字と読みの関係を体系的にまとめたもの)を凝縮して、1枚のプリントにした…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

夏休み始まる!

今日は夏休み初めの補充学習1日目。} 教室のひとつには選ばれた(?)30数名の生徒が来ていた。 ベテラン教師のT先生が、大きな声で言う。 「間違うたらあかんで! ここに来ているだけでは賢くはならんで! 苦しまないと賢くはならん! 自分でやって、分からなかったら手を挙げなさい。 先生らが教えに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

教育クライシス その3 「いじめ対策」 3

 次に書くのは、被害者の新たな様子である。  いじめの被害生徒とその保護者が、いつまでもいじめられたことをひきずっていることがある。いじめ事象があり、学校としては時間と労力をかけて丁寧に指導し、一区切りついたと判断している。  ところが、保護者が、半年とか一年を経て、再度持ち出してくることがある。うちの子は、あれ以来、「成績が落ちた」「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

教育クライシス その3 「いじめ対策」 2

 いじめ指導の過程で、いじめた生徒に対して、教員の使った言葉を問題視する保護者も増えてきた。反省が見られず、「遊びのつもり」を主張するいじめ生徒に、教員が次のように指導するとしよう。 「『遊びのつもりで』は通じない、『冗談で』も通らない。それに、その態度は何や。反省などしてないぞ」 と。生徒は帰宅後、親に対し、自分に都合のよいように説明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育クライシス その3 「いじめ対策」 1

大津でのいじめ自殺事件以後、各地でいじめの事例が明らかになっている。 教師や教育委員会に対する批判の声も大きい。もちろん、かれらの責任は否定できないし、彼らを擁護するつもりもないが、現場にはかなりの困難が存在することも、自分の周囲の事例からも推察できる。いじめ対策について、現役教師の吉間先生が書かれていることを、「教育クライシス」の中か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひと月半ぶりの更新

6月はじめに引っ越しし、ずっとインターネットが使えませんでした。工事が混んでいるとかで、昨日やっと 来てくれました。 今日は大雨警報が出て、臨時休校になりました。なんと、警報発令が7時41分!生徒はたいていもう家を出てしまっている。雨のなか、校門で返される生徒たち…。 警報出すなら、もっと早くだしてやってよ!{%表情きら~いdeka…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

礼法指導

来月のはじめに、生徒の職場体験がある。それに向けて、今日は礼法の講師を招いて、マナー講習があった。講師の先生(女性)は、心と形の一致を強調された。 最初に生徒をとなりの生徒と向かい合わせ、笑顔を交わすように言われた。笑顔の作り方、立ち方、座り方、お辞儀の仕方など、手本を示し実際に行わせて指導された。私たちも、生徒たちの間を回って指導した…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ゲームの世界

私 「ほら、ここやりなさい。」 生徒N 「オレ、ザビエル。堕天使ルシファー!」 ハア?何言うてんの、この子。 授業中注意する私に、わけわからんこと言うて、話そらそうとする。 あかん、もうほっとこ! かえって邪魔になるわ。 しかし、「堕天使」なんて言葉、中学生が知っているというのは、たぶんゲームやな。 「堕天使…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

楽しい学校

3年生が修学旅行から帰って来た。職員朝会で3年生の先生が、2年生の先生にお礼を言われた。 「教室を掃除してくださって、ありがとうございます。黒板に『おかえりなさい』と書いてあって、嬉しかった。」 私は、掃除監督に行かないから知らなかった。縦割り交流の一環なのか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

学校も国際化

 昼食後の休憩時間に、グラウンドでサッカーをする男子たちがいる。ところが今日は、その中に1人女子が入ってサッカーをしていたそうだ。(昼休みの短い時間なので、制服、つまりセーラー服で)  その子はとても上手なので、渡り廊下からたくさんの生徒が見物していたという。 それは、ナイジェリア…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ズルするなッ!

 昨日はテストの採点をし、今日は春休みの宿題点検をしていた。基本文プリント5枚。1年間英語勉強したんだけど、ピリオド、クエスチョンマーク、コンマ抜け多いな~。大文字小文字ちゃんとできてないのも。 赤で訂正していく。すると…・ あれ? 途中で筆跡が変わっている!どう見てもこれは違う! だ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

授業開始!

 始業式、入学式、実力テストが終り、今日から授業開始。 私は今年も2年生の担当だ。他の先生は多くが昨年度からの継続だが、私は初めて授業で彼らに合う。  新学習システムには、ハーフとダブルの二つの方法がある。ハーフとは、1クラスをふたつに分けて少人数で行う授業。ダブルは1つのクラスに二人の教師が入って行う授業である。私が今年するのはダブ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Overcome yourself!

「ベイビー」と言われたSだけれど、その日の課題、「自分の好きな言葉」について、思いだしてくれた。 それは部活顧問のU先生に言われたという「自分に勝て!」という言葉。 「オレを信頼してくれるのは、U先生だけや。」と言うS。 「そうなんだ。」(う~ん、S君、信頼はね、無条件で得られる物じゃあないんだよ。努力して獲得するものなんだよね。) 「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Oh.Baby!

今日は、アメリカ人指導助手とのティームティーチング。 好きな言葉について、短いスピーチを作る課題。 ところが、4組では立ち歩く生徒が。 「Sくん、席にもどりなさい!」 繰り返し注意するが、もどってもまたすぐに立ち歩く。 腕を引っ張って戻そうとすると、床に寝…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

卒業式の練習

卒業式は、学校行事の中で最も重要なビッグイベント、卒業生の門出である。良い式にするため、練習が繰り返されている。今日は2年生と3年生の合同練習だった。 まだ緊張感がなく、ふざけたりだらけたりする子もいる2年生に比べ、練習の成果が出てきた3年生は、「起立!」「礼!」もビシッと揃っている。私は2年生の担当なので、2年生に注意して回る。 「『…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「そんなに足開かないの!」

期末テストの最終日、試験監督に行った教室で。 「センセー!」と、人懐こい女生徒たち。「ほら、袖口留める!」と注意すると、素直に従う。 「うん、さわやかになった!」 「でも、足開いてる~!」もう一人が言う。私がいつも言っているから。 机の上にあった定規を取って、座っている生徒のスカートの上から、ヒザの間にはさませる。 「落とさないように、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

教育クライシス その2 「携帯クライシス」

 IT教育の推進が叫ばれ、バラ色のごとく喧伝されてはいる。しかし、子供たちには、光よりも影が大きく悪影響を与えている。とりわけ、携帯電話の中学生の生活への入り込みは、危険な要素を抱え持つ。 書き込みによる人権侵害、出会い系サイトの犯罪誘引、アングラ、セクシャル情報アクセスによる頽廃文化のまん延などである。しかし、それ以上に心配なのは、子…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

英語の成績を上げる方法

昨年12月のこと、中1のお子さんを持つ知人から相談を受けた。期末テストの英語の成績がひどかった。どうすれば良いか?というものだった。 そこで私は、いつも自分の生徒に口を酸っぱくして言っている方法をお教えした。(なんか名前をつけよう。) 名付けて「記録に挑戦リーディング!」 用意するのは、教科書とキッチンタイマー。あと鉛筆。 やり方は簡…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カンボジアの地雷

三省堂の中2の英語の教科書には、カンボジアの地雷が取り上げられています。今日はALT(アシスタントランゲージティーチャー)の先生と、カンボジアと地雷について教えました。彼女の友人が現地で撮った写真や、ネットから得た情報を交え、この世界の現実を知らせようと試みました。 それにしても、あまりにも悲惨な現実です。調べているうちに、胸が詰まりま…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

読書の時間

多くの中学校では、朝に読書の時間を設けている。生徒が本に親しむことが目的である。ところが、読む本について、教師は生徒が選んだものに意見を言ってはいけない、というのである。文部科学省のお達しらしい。その結果どうなっているか?男子も女子も多くが携帯小説(携帯で発表された物が書籍化された小説)を読んでいる!はっきり言えば、女子は恋愛小説という…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

子どもたち

 4,5年前に教えたある男子生徒のことを思い出した。今どうしているだろう?授業に教科書もノートも持ってこなかった。学習内容がわからずヒマだから、他の生徒の文具を取ったり、どうにか座ってはいたが、何かと悪い事をした。あるとき、個別で教えていたとき、彼が言った。 「お母さんと思っていたら、おばあちゃんだった。お兄ちゃんだと思っていたら、お父…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

子どもたち

「自分の席に戻りなさい!」「今やるべきことをやっておかないと、後で困ることになるよ。」 女子生徒に注意する。 「先生と私は価値観が違うんだから、ほっといて!」 (確かにアナタが将来どうなるかは、結局のところアナタと親の責任なのは事実だけど、このクラスのこの1時間を指導監督する責任はワタシにあるんだよ!人の仕事の邪魔せんといて!) 「ほら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more