キリストと十字架

 親族の見舞いでマリア病院に行きました。正面入り口近くには、マリア像がありました。中に入ると、病棟には「エマオ館」とか「ナザレ館」とか、新約聖書に出てくるキリストに関係した地名がつけられていました。病室の壁には、キリストが付けられた小さめの十字架がかけられていました。  たいていの人は、「ああ、キリスト教の病院なんだな。」で終わるでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつか蘇ることを信じて―人体冷凍保存

「死」は絶対に逃れられない唯一のものである。だが、どうしても死を受け入れられずに、新たなる技術にその身を託す人は後を絶たない。人体冷凍保存もその1つである。現在の医療技術で蘇生が不可能とされた人体を冷凍保存し、未来に技術が発展することを期待して、蘇生が可能になったころに解凍して治療しようという考え方である。 〈掲示板への投稿がきっかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナオミとルツの物語

ナオミというイスラエル人の女性は、夫とともにモアブという地方に移住しました。後にふたりの息子が結婚します。ところが不幸なことに夫も息子も早死にしてしまいます。ナオミは息子たちの妻のルツとオルパに実家にもどるようすすめます。彼女たちはイスラエル人ではなくモアブ人だったのです。そしてナオミ自身はひとりイスラエルに帰るつもりでした。 ナ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

地球と人間、創造された目的は何ですか?

 神は何のために地球と人類を創造されたのでしょうか?聖書によると、神は目的をお持ちでした。 創世記1章26節から28節に次のように記されています。 26 次いで神は言われた,「わたしたちの像(かたち)に,わたしたちと似た様(さま)に人を造り,彼らに海の魚と天の飛ぶ生き物と家畜と全地と地の上を動くあらゆる動く生き物を服従させよう」。 ……
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

無関心の代償

「ならず者、たとえば暴力団などに貴方の家族が誘拐されたとしよう。子供が、嫁が、親が、誘拐された。どんな気持ちだろうか。拉致問題の異常性はここからだ。 警察に行った、しかし進捗がない。誘拐犯がわかっている、監禁されている場所もわかっている、なのに警察が動かない。貴方だったらどんな気持ちか。 警察は動かない、家族も帰ってこない。仕方ない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

死は「普通のこと」?

〈遺産〉 親の残したものが財産ならありがたいですが、借金なら災難です。借金は相続を放棄することができますが、もし財産の一部でも使ってしまうと、「相続をした」とみなされ、すべてを相続しなくてはならなくなるそうです。 遺産を相続するにも、相続を放棄するにも、知識が必要です。また、届出などの手続きも必要です。  私たちは色々なもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニケーション

人間はひとりでは生きていけないので、他者との意思の疎通は必要不可欠です。会社などの組織においては、報告・連絡・相談の大切さを「ホウレンソウを忘れないで!」と強調されます。そうしたコミュニケーションが適切にできない組織は、弱体化が避けられません。また家庭においても、家族間の良いコミュニケーションは欠くべからざるものです。うまくいかないと夫…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

「平和だ、安全だ」

健康な人は、ともすると健康であることの有難さを忘れがちです。健康が当たり前と思っているからです。病気になって初めて、健康であることの素晴らしさを思い知ることになります。 同様の事は、平和や安全についても言えるでしょう。平和なとき、人々はそれを当たり前と思い、平和であると意識することさえ少ないのです。これまでの日本は、そういう状態でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あるダムの惨状

 日本円にしておよそ4兆8000億円(物価の格差を考えれば48兆円)もの建設費を投入し、140万人もの人々を立ち退かせて建設された巨大ダム。ところが当初予定された発電量を生産できないだけでなく、環境を破壊し、イルカや魚類を絶滅させ、地震まで誘発。将来、決壊が避けられない時限爆弾と化している。それが三峡ダムです。  「 中国が誇る世…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「振り込め詐欺」と「終わりの日」

「終わりの日には、対処しにくい危機の時代が来ます。というのは、人々は自分を愛する者、金を愛する者、うぬぼれる者、ごう慢な者、…感謝しない者、…自然の情愛を持たない者、…自制心のない者…となるからです。」「邪悪な者とかたりを働く者はいよいよ悪に進み、惑わしたり惑わされたりするでしょう。」 (テモテ第二3章1~5、13)  今は「対処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

組織とは?

 残念なことに、今年もまた災害が起こってしまいました。被害を受けた地域には、警察や消防、自衛隊などが出動して懸命な捜索活動や復旧作業が行われています。災害で犠牲者が出るのは本当に痛ましいことですが、そうした組織が迅速に活動してくれる国であるのは、有難いことだと思います。そうではない国も多々あるのですから。 それらの組織はまさに「組織的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸血は安全?

 赤十字の、献血を呼びかける「献血は、命を救う贈り物」というポスターを見ました。また、市内のある公園でキャンペーンをしているのを見かけたこともあります。輸血のための血液を集めるのに相当力を入れているようです。 (過去記事)血液が足りない? しかし、輸血は本当に安全なのでしょうか?   最近では輸血の危険性を知る人も増えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュース報道を信用できますか

(コピペです) 青字はmayflower ニュースで聞いたり読んだりする事柄に懐疑的な人は少なくありません。例えば,米国で2012年に行なわれたあるギャラップ調査で,新聞やテレビやラジオのニュース報道の正確さ,公平さ,漏れのなさなどを「どれほど信用していますか」と問いかけられた10人のうち6人が,「あまり信用していない」または「…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

衝撃…ここまでするか?

「全世界は邪悪な者の配下」と理解してはいたつもり。 しかし、ここまでするか・・・。 ヒラリー・クリントンに替え玉がいるとか、プーチンは本人が殺され別人にすり替わっているとか、「日本や世界や宇宙の動向」>「同時多発テロはヤラセだよ」など、海外の情報を注視しているブログで何度も見ていた。 が、やはり外国のこと。「そうなんだ~…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「ザビエルを困らせた日本人の質問」とその答え

「日本の各地でザビエルは布教するのですが、出会った日本人が彼に決まって尋ねた事があります。それは、「そんなにありがたい教えが、なぜ今まで日本にこなかったのか」ということでした そして、「そのありがたい教えを聞かなかったわれわれの祖先は、今、どこでどうしているのか」ということでした。つまり、自分たちは洗礼を受けて救われるかもしれないけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「福音」の意味

新約聖書の最初の4つは「福音書」と呼ばれています。「福音」とは、「良い知らせ」―つまり英語で言うと「グッドニュース」です。しかし、これらの聖書に書かれていることの一体何が「グッドニュース」なのでしょうか?    「キリストが生まれた」「大人になって人々を教えた」「病気をいやした」「刑柱にかけられて殺された」「復活し、その後天に昇った…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

ごま油のはずが・・・。

ごま油のびんが、空になった。 買い置きがあったよね。 あった、あった。 あ、いつものと違うの買ってたのね。 びんが違う。 ん? Ajinomoto? こんなん買ってたんだ・・・。 ヤな予感。 成分表示を見る。 ゴマ油、なたね油、ビタミンE. 遺伝子組み換えのなたね油が入っている! 「コレステロール0」…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

空を見ましょう!

18日金曜日のこと。 午前9時ころ、たまたま空を見たら、不自然な帯状の雲。 それが3本くらいあった。 そして、飛行機雲を吐いている飛行機が飛んでいく。 ケムトレイルだ! ケムトレイルとは?「日本や世界や宇宙の動向」へのリンク 普通の飛行機雲は、すぐに消えていく。 ケムトレイルは、消えずに広がっていく。 何を撒…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

児童相談所の怖い話

今日のニュースで、「虐待が増加しているので、児童相談所を増やす」みたいなことを言っていた。この本を読む前なら、「そうなんだ~。」と何とも思わなかっただろう。 しかし! 児童相談所には、知られていない怖ろしい現実があるようだ。 友達が「読んでみて。」と言って、本を貸してくれた。 その中に、「児童相談書の怖い話」というものが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最恐の毒

“がん” は1981年(昭和56年)より日本人の死因の第1位で、現在では、年間36万人の国民が“がん”で亡くなっているという。 戦前は、結核や肺炎、胃腸炎など、感染症などが高い死亡原因だったそう。 戦前までトップ5位にも入らない病気だったのに、今では3人に1人がガンになるとまで言われるほどの病気となった原因は何なのだろうか? …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more