本物を見分ける

今の時代は、色々なものにニセモノが存在します。宝石やブランド品が本物かどうか、見分けるのは簡単ではありません。にせ札も作られます。中国で電子決済が広く普及した背景には、銀行のATMからにせ札が出てくる事があると言われるほど、にせ札が多いためだそうです。また、絵画や骨董品も偽物が多いことが知られています。「お宝鑑定団」のようなテレビ番組がありますが、鑑定する人は非常に多くの知識を持っていなくてはなりません。宝石やブランド品や骨董品なら、買いさえしなければニセモノをつかまされることはありません。しかし、海外旅行でのにせ札はやっかいです。慣れない者にとって、見分けるのは不可能に近いでしょう。本物を見分けるには知識が不可欠だと良く分かります。
 ニセモノに貴重なお金を払いたい人はいないはずです。しかし、宗教に関しては「本物かどうか」を気にかけない人も多いようです。神様に、本物とニセモノは無いのでしょうか?「どの宗教も行きつくところは同じ」なのでしょうか?そもそも、宗教は何のためにあるのでしょうか?一般的な宗教と、聖書が述べていることを比較してみたいと思います。

神道では、神とは八百万(ヤオヨロズ)の神で、拝めばご利益(ごりやく)がある、像やご神体に宿る、人間にさほど関心はない、といったイメージがあります。一方聖書では、神は宇宙と地球の創造者、全知全能、神と隣人を愛するよう教え、偶像崇拝を禁止、人間に対し、親のような愛情と関心を持っている、としています。

多くの宗教は科学的根拠に乏しいですが、聖書は科学的に正確です。地球に支えがない、球体であるという記述が、科学的に明らかになるはるか以前に書かれていました。

聖書以外の宗教のメッセージには、因果応報、天国と地獄、先祖供養などがありますが、聖書は人類の問題の原因と解決策を明らかにしており、神とキリストについての知識が非常に重要であると述べています。

死者の状態については、多くの宗教では、死んでも霊魂が生き残るとか、生まれ変わると考えられていますが、聖書は、死者に意識はない、死んだら土に帰る、死者には将来に復活の希望がある、と教えています。

性道徳に関し、多くの宗教では、結婚外の性関係や同性愛を容認していますが、聖書は夫婦の間での性関係のみが祝福され、夫婦間以外は「淫行」とされています。

将来の希望について、他の宗教では言及がないようですが、聖書では 神がすべての悪を滅ぼし、地球は平和になる、と繰り返し述べられています。

多くの宗教の目的は、心の平安かご利益と思われますが、聖書は、より良い生き方を学び実践し、生き残ることを目的としています。

聖書が多くの宗教とは異なっていることが分かります。他の宗教では、期待されるのは崇拝行為と供え物や寄付などです。生き方についての指導はあまり聞かないように思われます。聖書の神は人間に、努力し進歩することを望まれています。愛情ある親なら、同じことを子供に期待するのではないでしょうか?それは、子供の幸福を願うからです。神も人間の幸福を願っておられますが、相応の努力を求められます。
 「宗教はどれも行きつくところは同じ」ではありません。オウムさえ宗教を名乗ったのです。非常に多くのニセモノが存在することは明らかです。では、長く続いているから本物と言えますか?どんな組織も腐敗したり乗っ取られたりすることがあります。イエス・キリストは、
「良い木は皆、立派な実をならせ、腐った木は皆、悪い実をならせます。良い木が悪い実をならえることはできず、腐った木が立派な実をならせることもできません。」「このように、その人たちは実によって見分けられるのです。」(マタイ7章17~20節)
と言いました。本物とニセモノを見分けるために大切なのは、正確な知識です。無宗教だと言う人も、「無神論」という宗教を持っています。宗教は、買わなくてもすむブランド品や宝石と違い、すべての人の生き方に非常に大きな影響を与えます。本物とニセモノを見分ける知識は、幸福な人生に不可欠です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

麗菜
2019年05月03日 13:00
お邪魔しています。

私は信仰心が無く?『無宗教』なので
深い話は良く分かりませんが。。。

母は生前
御先祖を敬い奉る=今世で精進し
人を騙さず得を積み亡くなると
天国に行けると言ってたので~

母の願いが叶う様にと私と妹が無事に
母が天国に行ける様に<(_ _)>と。。。

月命日には法要しお墓参りも欠かさず
行い、その事により自身も浄化されて

欲得抜きで心からしている性か?ですが

私達姉妹に危機的な出来事が起きても
不思議な力が働き回避=母に助けられ
ている様な(o^・^o)

その事が信心だと考えているかもです。

遅く成りましたが、前回のブログの方に
お越し下さり素敵なコメントを頂き有難う
御座いました。m(._.)m
2019年05月13日 10:57
麗菜さん、コメントりがとうございます。なんと10日も放置していました。申し訳ありません。
古今東西、宗教上の嘘は何千年も続いてきました。お母様は聞かれたことを信じ、誠実に生きられたのです。私の母もそうでした。過去には確かめようにも、そのすべが無かったのです。そのことは聖書の中で「神は無知の時代を見過ごしてきた」と書かれています。
「不思議な力」は確かにあるのですが、実は出所がふたつあるのです。神からのものと、神に反逆した元天使の側からのものです。反逆者たちは、「邪悪な天使」あるいは「悪霊」と呼ばれますが、かなり強力な力を持っています。不思議体験を人にさせ、偽物の宗教に引き寄せているのです。「詐欺師の正体」と言う記事で説明していますので、良ければお読みください。
私は中学生の頃に彼らとかかわってしまい、後年ひどい目にあいました。現在の世界は彼らの配下です。そのため、非常に多くの悪がのさばっているのです。
聖書によると、亡くなった人には復活の希望があります。私の母も亡くなりましたが、将来また会えると信じています。

この記事へのトラックバック

  • NHKから国民を守る党

    Excerpt: 日本人から強制的に受信料を取り立てている、準国営放送と言うべきNHK。 Weblog: 風林火山 racked: 2019-05-02 01:32