地を破滅させている者たち

 今年の夏も、死者が出るほどの猛暑でした。しかも8月末まで続きました。猛暑が一段落したと思ったら、猛烈な台風が繰り返し襲来しました。秋が来たと思ったら、昼間は暑く朝夕は寒い日々が続いています。多くの人が「おかしい」と感じています。気象操作が行われているのでしょうか。もしそうなら、誰が、何のためにしているのでしょうか。アメリカのデイン・ウィギントン氏が答えています。

 ウィギントン氏は、「ジオエンジニアリング」の名で行われている気象操作の危険性を訴えています。地球温暖化防止などの理由づけがされたりするようですが、全く逆で、温暖化と異常気象を促進しているのが「ジオエンジニアリング」だということです。その方法はケムトレイル散布です。日本でも毎日散布されていますが、気づかない人が多いようです。本来の飛行機雲は「コントレイル」と呼ばれ、すぐに消えてなくなります。「ケムトレイル」とは、「ケミカル・トレイル」の略で、化学物質が含まれていることを意味しています。アメリカでの雨水の分析から、バリウム、アルミニウム、ストロンチウムなどが検出されています。
 ケムトレイルは消えずに拡散しますが、雲の核となって周囲の水分を寄せ集めるようです。帯状の雲になり、その後波状に、そして羊雲のような形状になります。最終的には薄い層になって空全体をおおいます。気象操作には、このケムトレイルと電磁波が使われるようです。ウィギントン氏は、HAARPとXバンドレーダーの役割を指摘していました。

 気象操作は深刻な影響をもたらしています。森林が非常に大きな規模で失われているそうです。山火事、伐採、放射能なども森林の消失を加速させているそうです。森が失われると、生き物たちも生きられません。現在、毎日200種もの種が絶滅しているそうです。種の絶滅は怖ろしいスピードで進んでいます。もしミツバチが絶滅したら、その後4年で人類は滅亡するそうです。森が死ぬと海も死にます。プランクトンが50%も減少している、と報告されました。プランクトンがいなくなれば、魚もいなくなります。世界のあちこちで、「死んだ海」が出現しています。

 気象操作の結果、ある地域では豪雨、別の地域では干ばつが起こされています。また、ある地域では高温、別の地域では低温、といった状況にもなっているようです。これはアメリカの東部と西部のことです。農産物が大きな影響を受けるでしょう。カリフォルニア州で、1月下旬に落葉せず石のように死んだ葉をつけた木々のことが指摘されていました。本当に異常です。

 この「ジオエンジニアリング」は、誰が、何の目的でやっているのでしょう?ウィギントン氏は、世界がサイコパスの配下にあるためだ、と言っていました。これは聖書の記述と一致します。ヨハネ第一5章19節には「全世界が邪悪な者の配下にある」と書かれているからです。また、啓示12章12節には、 
「悪魔が自分の時の短いことを知り、大きな怒りを抱いてあなた方の所に下った」とも記されています。そして啓示11章18節に「地を破滅させている者たち」という記述があります。彼らはまさに「地を破滅」させています。

 しかしそれに続く言葉は希望を与えてくれます。 「地を破滅させている者たちを破滅に至らせる定められた時が到来した」と書かれているからです。「ならば、一刻も早くそんな者たちを滅ぼしてくれたらいいじゃないか。」と思われることでしょう。神は何を待っているのでしょうか?ペテロ第二3章9節には「神は一人も滅ぼされることなく、すべての者が悔い改めに至ることを望まれる」とあります。また、「神は避難所」(詩編46編1節)と書かれています。まだ「避難所」に来ていない善良な人々がいるため、猶予されている、ということです。
 「石のように死んで木から落ちない葉」の異常に気付かない人が多い、とウィギントン氏は言っていました。異常な状態に慣れてはいけません。異常に気付き、避難することが急務です。

geoengineering watch

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック