掛け声と囃子言葉  ヘブライ語だった?!

秋祭りの季節。
おなかに響く太鼓の音と、掛け声が聞こえてきます。
私の地域では屋台が出ます。
「エーンヤサー!ヨーイヤサー!」

こうした掛け声の意味、考えたことはありますか?
たいてい考えることもなく、そんなものと思っていますよね。
そういう意味の分からない掛け声は、けっこういろいろあります。
「ヤッホー!」
「ヨイショ、コラショ!」
「エーンヤコーラ!」
などなど。

民謡の囃子言葉も意味がわかりません。
「ヤーレンソーラン」「ヤサエンエンヤーサノドッコイショ」
「ヤッショーマカショ」
「エンヤーコーラヤ ドッコイジャンジャン コーラヤ」

そういったものは日本語じゃないと聞いて調べてみたら、どうやらヘブライ語(ユダヤ人のことば)由来だと分かりました。
「日本とユダヤのハーモニ―」というサイトに書かれていました。
そこから、いくつか引用してみると
 ヤ…ヤーウェの神(「ヨ」も同じ)
 サ…前に進め
 サッサ…喜ぶ
 ヤッシャー…救い
 ヨーイトナ…神の定めた人
 ドッコイショ…押す人

そのサイトに書かれていたヘブライ語の対照表や、囃子言葉の解説から「ヨーイヤサー」の意味を類推してみました。
「ヨ」は「神」、「イエシュー」が「救い」ということから、「ヨ イエシュー」が「ヨーイヤサー」になったのではないかと思います。そして「エーンヤサー」は「目的地目指して進め」といった意味になるらしいのです。
ならば「エーンヤサー!ヨーイヤサー!」は、「目的地目指して進め!神が助けてくださる!」と言う、意味のあることばとして理解できます。この掛け声は、屋台を綱で引っ張り後ろからは押して進むときの掛け声だからです。

屋台を持ち上げる時の掛け声は違います。
「エーンヤーラヨッソイ!アイヤーッショイ!ヨイヤッサ ヨイヤッサ ヨイヤッサー!」
と言っています。
別の地域の祭りでは、「チョーサ」と言うそうです。それはどういう意味なのか?
「チョエサッサ」が「喜び叫ぼう」だから、それがなまったのか、あるいは「チョイ」が「いざ進め」、「サ」が「前に進め」なのでその組み合わせかもしれません。

それにしても、掛け声や囃子言葉が外国語だったとは驚きです。
記事を書いた人によると、おそらくは古代イスラエルが滅びたとき、逃れた人々が海路や陸路で「東の島々」を目指して渡来し、弥生文化を築いたのだろう、そして、移民の二世三世が母国語を忘れるように、ヘブライ語を忘れ。民謡や囃子言葉に残ったものの意味も分からなくなったのだろう、ということでした。

古代イスラエルは、「モーセの律法」を持った「神の民」でした。律法には十戒をはじめ、「神と隣人を自分自身のように愛しなさい」などの教えがありました。嘘や不正は戒められていました。
もし、日本人の祖先に古代イスラエルの移民が数多くいたなら、律法が文化の根底に根付いていたとしても不思議はありません。
日本人の優れた道徳性の由来は、はるか弥生時代にまでさかのぼるのでしょうか?
そう考えると、非常に感慨深く思えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 71

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年10月23日 02:25
お久しぶりです。気持ち玉、ありがとうございます。
相変わらず、精力的にブログ更新してらっしゃって、偉いですね。ところで、私の町の自治会では、あっちでもこっちでも、ハロウインパーティで、子供達が、キャンディをもらっています。ハロウインパーティは、やはりキリスト教が起源なのですね?
2014年10月23日 17:08
「世界は元一つ」ですものね。
意外な習慣や文化が似通っていることがありますね。
そのつながりを探ることもおもしろいことですね。
2014年10月23日 22:36
さよさん
ご訪問、コメントありがとうございます。
思うようには更新できていないですが、ボチボチやっていきたいと思います。
以前はハロウィンなんてやっていなかったのに、何でも取り入れてしまう国民ですね~、日本人は。ハロウィンは聖書とは全く関係ありません。これはいろいろある祭りの中でも、もっとも悪霊的なものです。魔女とかガイコツとかゾンビとか、気味の悪いものばかり登場するでしょう?起源は2000年以上前にケルト人が祝っていた古代異教の祭りだそうです。このような悪霊と関係のある祭りは、聖書の言葉からすると有害とされます。
 実は、キリスト教の祝祭と思われているクリスマスも、キリストの誕生日の祝いではありません。実際はもっと古代の冬至の祭りでした。ホントに嘘が多いですねえ。
2014年10月23日 22:50
はなさん
そうですね。人類みなアダムとエバの子孫。そしてノアの子孫。(聖書によるとですが。)
でも日本とユダヤには、かなり深いつながりがあるようです。太秦(うずまさ)とか祖谷(いや)とか、なかなか読めない地名の由来もユダヤと関係があるらしい。また「戸来村(へらいむら)」は「ヘブライ村」だったのではないか、と言われているそうです。
いろはうたに隠された秘密とか、「かごめかごめ」の謎とか、とても興味深いです。「さくらさくら」や「君が代」をヘブライ語で解明できるそうで、驚きましたよ。
2014年10月25日 03:32
なるほどハロウインは、キリスト教とは関係ないのですね。
ケルト文化か土着の風習なのですね。
子供達がお菓子やキャンディをもらって歩くのがどうも理解できません。
2014年10月25日 11:10
mayflowerさんおはようございます
気持ち玉をいただき有難うございました。
日本に古くからあるお祭りの掛け声や民謡の合いの手が日本語ではないなんてビックリです~(^^♪
調べていくと面白いですね。
2014年10月26日 16:40
さよさん
ハロウィンの起源は、「サムハイン」という祭りで、その時期は死者の霊がさまよう、と考えられていたそうです。不気味な仮想をすれば、霊が仲間と勘違いして見逃してくれるだろうと考えたということです。また、甘い食べ物で霊をなだめようとした人がいたことが、お菓子やキャンデーをあげる元になったようです。それにしても、「お菓子くれないといたずらするぞ!」って、脅しじゃないですか!(笑)教育的にも問題あるお祭りですね。
(起源についてのソースは、jw,org )
2014年10月26日 16:59
ちまりさん
ご訪問、コメントありがとうございます。
掛け声だけではないんですよ。神社のつくりや神輿の起源も興味深いし、地名の由来にも関心を引かれます。
日本文化って、かなりオリジナリティ豊かだと思います。それに大きな貢献をしたのが古代イスラエルからの移民だとしたら、なんだか不思議な気がしますね。
2014年10月29日 02:41
自治会のハロウインに「見守り役」として参加してみました。女の子は、それぞれピアノコンサートの時のドレスや、バレーのコンサートのチュチュを着て、おしゃれしてました。小さな男の子はビニールでできた固い刀を振り回して大人をからかっていました。お母さんが優しく「ダメよ」と言っても全く聞きません。結婚もしてない、子供のいない私としては、「子供の甘やかし」と思ってしまいます。隣の結婚して子供が欲しいのにできないお嫁さんも気の毒だなあと思います
。我が子がかわいいのは分かりますけど、なんでこうも他人に「かわいい」と言わせたいのか、他人の気持ちも考えて欲しいです。
2014年10月29日 23:46
さよさん
子どもを甘やかす親は増えていますね~。というより、どうやってしつけたらいいか、分かっていないのかもしれません。そういう私自身、末っ子をつい甘やかして育ててしまい、彼女自身が今になって苦労しています。
子育ては「人間育て」なのだから、心して取り組まないといけませんね。
親になったなら 心にきざみこもう
 子どもは 親だけの ものではないこと
 命は神からの 尊い贈り物よ
 子どもを教えよう 幸せ願いつつ
 
残念なことですが、家庭の教育力が低下しているので、学校も大変なんですよ。
2014年10月31日 22:00
私自身も、一人っ子なので、甘やかされた方だと思います。
苦労してます。鏡が無いので、自分で反省するしかないですね。自分と親と、学校と社会とがうまく回れば成長出来るかもしれません。厳しい社会と、やさしい社会の両面を感じます。
2014年11月01日 22:07
さよさん
人はみな、不完全ですからね~。
今、jw.org の動画などを使って、少しでも娘を賢くしたいと努力しています。若気の至りの失敗を、多少なりとも防ぎたい。変な人が増えて、恐ろしい時代になっていますしね~。
2014年11月02日 02:36
jw.orgって何ですか?教育ブログでしょうか。
2014年11月02日 10:14
こんにちは。
ご訪問、コメントありがとうございます
ヘブライ語ですか!びっくりしました。。
「日本人の優れた道徳性の由来」に納得した私です。。
2014年11月03日 00:37
jw.orgってわかりました。中学校時代の友達が海星女子短大(カソリック)を出て、今は、女性牧師だと言っています。
まあ良いことも言ってるけど、入信はちょっと考えます(笑)。
2014年11月05日 00:38
ballomamさん
コメントありがとうございます。
私もびっくりしました。日本の常識は世界の常識ではありませんよね。日本人は世界平均よりずっと親切で誠実だと思います。聖書には縁がないと思っていた日本人が、自称キリスト教国よりも道徳的なのがずっと疑問でした。
りほ
2015年12月13日 14:54
さっそく読ませてもらいました(^-^)
知らない事実が多くて驚きましたΣ(゜Д゜)
お忙しいのによく調べられた内容が詳しく書かれているので、姉妹の努力が伝わりました。
勉強になることがたくさん書かれているのでこれから読ませてもらいますね(^o^)
更新頑張ってくださいq(^-^q)

2015年12月17日 23:21
りほさん
コメントありがとうございます。
たくさんいただいていたコメントに気づいていませんでした。他の方にも失礼なことをしてしまいました。おかげで助かりました。
家の人から聞いたことに驚き、調べ始めたのがきっかけです。いろいろつながると思いました。
見てくださる方がいると、励みになります。

この記事へのトラックバック

  • 「君が代」に隠されたメッセージ

    Excerpt: 日本の国家「君が代」について、ねずさんブログに解説がありました。 「君が代」は平安時代の和歌だそうです。 私たちはその意味を、「天皇陛下の世がいついつまでも続くように」と、教えられたように思います.. Weblog: 五月花の羊 racked: 2014-12-29 16:06