嘘をつく人々

 今から約7年前、まだ経験が浅かったころ、生徒に騙された。
授業中ノックするので戸を開けると、3年生の男子が、
「○○先生が、マーカーを貸してくださいって言ってます。」
「?」
おかしいなあ、と思いながらもマーカーを渡してしまった。

今なら授業中の他の教室に何かを借りに生徒に行かせるなど、あり得ないことが分かる。が、その時は生徒が嘘をつくものとは知らなかった。
その生徒の風貌を見たら分かりそうなものだった。

生徒は簡単に嘘をつく!残念ながら。
そういえば、去年の夏にもまんまと騙された。
まじめそうに見えたのに、本当に上手に嘘をつくのだ。

私は嘘が嫌いだし、常に正直でありたいと思っている。だからつい、相手も嘘をつかないものと思ってしまう。
そうやってわが子にも騙されていたらしい。
大人になってから言われた。
「お母さんは騙しやすかった。」
「でも、それだけに心が痛んだ。」

う~ん…。
でも子どもにはそう疑り深くもなれないね。疑うと傷つける場合もあるしね…。

ある離婚した夫婦の元夫の場合。
元妻によると、簡単に嘘をついたという。
それも、すぐばれるような嘘。
どうやら母親がヒステリックに怒るので、自己防衛のため嘘をつくのが習慣になってしまったらしい。

自己防衛のため習慣的に嘘をつく、といえば友達になった中華料理店の人。
日本語があまり上手ではないから、子どもの転入時などいろいろ世話を焼いてきた。
日本で店をやるなら、こういうことはしないほうがいいとか、こうしたほうがいいとか助言もした。
「わかりました!」
でも、聞かない。
悪い人ではないことは分かっている。しかし、その場しのぎのことを言う。
もはや日本人的なヤンさんは、
「彼女は典型的な中国人だ。」という。
中国の歴史を考えれば、無理もないのかもしれない。
命が軽い国。簡単に人が殺されてきた国だから。
「戦争は、人が死ぬだけだ。」
毛沢東はそう言ったというから。
人々は生き残るために、「嘘も方便」になってしまったのだろう。

正直であるためには、何より教育が大切だと思う。
親とか、立場が上のものが過酷であるなら、嘘をついてでも自己防衛せざるを得なくなるだろう。「正直者が馬鹿を見る」なら、だれも正直であろうとはしなくなる。正直なことは立派なこと、褒められるべきこと、と教えなければならない。また、上の者が良い手本となることが不可欠だ。
…難しいなあ。

授業中に、ふざけて学生服を腕を通さずに来ている男子に注意した。
 「やってることがおかしいよ。」
 「頭おかしいって言われた!
  頭おかしいって言われた!
  死のうかな。」
…相手してられんわ。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 33

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年02月07日 01:05
こんばんは(^^)/
中学生ともなると男子生徒から見れば女先生は、どちらかと言うと体力的には下の存在として写りますので何かと軽視されがち…現在は昔の様に模範となる生徒がリーダーシップを取るという事が殆どなく、どちらかと言うと目立たなくなってきて、逆に反社会的な生徒が自由奔放に…ゆとり教育やら、親の意見の尊重やらで本来負い目をもって然るべき生徒が‘のさばる‘だから制御しきれない虐めも起きる。良い悪いは別として、昔の様に教育者の地位を向上させ、親も生徒も一歩引いた所に居ないとと思います。実社会では学校の様に学力や素行に格差のある人間達を平等には扱わないという事を生徒にも早く認識してもらいたいです。
2014年02月08日 01:58
確かに、のさばってますね~。
幼稚な男子が増殖中です。先生たちは優しい人が多い。怖い先生は少なくなっています。女性でも、恐れられている先生はいますが…。
直ぐに「めんどくさい!」
とか言います。
「めんどくさいよね! めんどくさくても、するの?! めんどくさいから、しないの?! めんどくさいことに耐えられるようにならないと、お仕事やっていけないよ!」
体は大きくたって、中身は子ども。
気迫では負けません。
2014年02月09日 22:19
う~~ん・・
いつから先生は「お友達」になってしまったのでしょうか?
娘の中学校の、昨年までいらした校長先生は、学区にお住まいです。卒業生でもあり、本校3度目の着任とのことでした。保護者の中に「教え子さん」が多数いたり、お知り合いがいたり・・
それは別にいいんですよ。
でもね、学校の中で保護者が校長にタメ口・・
そりゃあ色々ありますよ。
特定の先生と同級生だったお母さんとか・・
でも、学校の中では先生と保護者でなければいけない!
って思う私は古い奴なんでしょうか??
いえ・・親がそうだから子どもが増長するんですよ。
「お願いします」ではなく「始めましょう」なんてやっているから子どもが勘違いするんですよ!ふう・・

長幼の序、は決して右でも軍国主義でもありません。
と私は思います。
ご不快に思われたらお許し下さいませ。
2014年02月10日 20:07
こんばんは。
難しいですね。
嘘つきが多すぎる世の中で どうやって子供に教育したらよいのか…
2014年02月13日 23:31
ベラさん
正しいことは古くなどなりません。
長幼の序は大切です。そして、立場に対する相応の敬意が必要だと思います。
いろんな面で、敬意が欠けていますよね。
核家族になって、家庭内で子どもが見て学ぶことが少なくなっているからでしょうね。
2014年02月16日 06:23
我家では旦那がmayflowerさんのタイプですよ。
彼も自分が人に嘘をついて言い逃れしたり、ごまかす様な適当な扱いをしないまじめな人間なので誰の事でもまず信用してからかかりますが、そう云う人を小馬鹿にしていい加減な事をする大人が多過ぎますね!
ツマラナイ冗談なら仕方無いと思うのですが、殆ど詐欺まがいの被害にも何度もあいました。
私の方がキレてしまった事も何度も在ります。
でもどちらかと言えば人をなめて平気で嘘をつく様な人間よりは騙されている方がましかな・・・・と最近思える様になりました。
子供達が嘘をつくのはやはり世相のせいで、我々が良い手本にならなければいけないのです。 
2014年02月16日 13:42
にゃーちゃんさん
嘘をつく人は、信用されません。
「嘘ついたらダメ!」
「信用がなくなるよ。信用は財産なんだよ。」
生徒に機会あるごとに言います。正直であることの価値を、大人が自信を持って伝えることが必要なんじゃないかと思います。
2014年02月16日 15:15
momoさん
友人に、
「この年になってやっと、人が嘘をつくんだと知った。」
という人がいます。ずいぶん騙されたそうです。
そういう人は少なくなっているのでしょうね。
とはいえ、正直な人は信頼できます。
ご主人様が正直な方であるのは素晴らしいことですね。こんな時代だからなおさらのこと、信頼できる人との関係を大切にしたいですね。


2014年02月23日 18:24
こんばんは。
ご訪問遅くなりました。

やってられんわ…
そんな気持ちになりますよね。
何でそんな被害妄想的な返しになるんでしょうね。
その前に自分がしたことも顧みず…

私も数年前に山のパトロールの仕事を一緒にした男の子(21歳)に、彼の見間違いを指摘したら「全否定された!」と言われました。
やってられんわ…
2014年02月26日 22:32
TAMOさん
時代のせいもあって、若い世代は忍耐力が弱いですね。
今日も掃除の後、ぐしょぐしょの雑巾を掛けようとする女子に、「びしょびしょじゃない。絞りなさいよ。」
と言ったら、「めんどくさ。」と少し絞って掛けました。
洗い場で絞ってくるべきでしょ~!
もっとも、家庭では大人も使い捨ての紙雑巾を使う時代。子供が学べなくても無理ないのかも。
でも、冷たいのに排水溝を掃除してくれる生徒、雑巾がけを一生懸命する生徒もいるんです。
先日のやんちゃな生徒を含む男子のグループが、脱輪して困っていた車を持ち上げて人助けをした、なんていうこともあったそうです。
それは嬉しいニュースでしたね。

この記事へのトラックバック