アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「英語」のブログ記事

みんなの「英語」ブログ

タイトル 日 時
ヒロシマの折り鶴
三省堂の3年生の英語教科書に、英語の歌が載せられている。 「カントリー・ロード」「イマジン」「ヒロシマの折り鶴」の3曲。 このうち2曲は有名で、多くの人が知っていると思うが、「ヒロシマの折り鶴」を私は知らなかったし、ほとんどの人が知らないのではないかと思う。 この歌については、次のような解説があった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/02 00:19
バチカンは「キリストはルシファーの息子」と宣言!
バチカンで、「キリストはルシファーの息子」との歌詞で歌われていた、とカトリック教徒が衝撃を受けているらしい。 以下はネット上にあった記述。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/26 16:36
英語になっている日本語―tsunami
日本語には本当にたくさんの英語が入っています。それよりはずっと少ないけれど、英語になった日本語もあります。 ネットから、例をあげてみると、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/21 19:15
何か腹立たしい!
 市教委からの調査?に記入するよう求められた。「グローバル化」に対応する英語教育とかなんとか。 「生徒が自己表現できるどんな工夫をしているか?」 「授業でどのくらい英語を使っているか?」 「生徒にどんな力をつけさせたいか?」 「これからどんな取り組みをしようと思うか?」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 56 / トラックバック 1 / コメント 16

2014/12/18 22:44
"Give me a break!" 歌って覚える不定詞の文
Give Me A Break!   (「ちょうちょ ちょうちょ」の節で) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/10/27 18:53
 「Let it go !」    英語の意味に近い歌詞
白く輝くこの山 風がうなる 私の心の嵐のように ずっと抑えてきた力 とどめるのは無理だった ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/12 09:04
Overcome yourself!
「ベイビー」と言われたSだけれど、その日の課題、「自分の好きな言葉」について、思いだしてくれた。 それは部活顧問のU先生に言われたという「自分に勝て!」という言葉。 「オレを信頼してくれるのは、U先生だけや。」と言うS。 「そうなんだ。」(う〜ん、S君、信頼はね、無条件で得られる物じゃあないんだよ。努力して獲得するものなんだよね。) 「そうか、いい言葉だね。英語で何と言うか考えるね。」 ALTのT先生に訊く。 "Win yourself?" "…. No." "Beat yourself?" "... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/03/16 11:36
英語の成績を上げる方法
昨年12月のこと、中1のお子さんを持つ知人から相談を受けた。期末テストの英語の成績がひどかった。どうすれば良いか?というものだった。 そこで私は、いつも自分の生徒に口を酸っぱくして言っている方法をお教えした。(なんか名前をつけよう。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/01/23 19:40
比較級、最上級
 今中学2年生は比較級、最上級を学習中である。 他の先生が現実のものを使った練習問題を作っておられ、私もそういうものが良いと思うので、最新データを調べてみた。世界一のお金持ちはだれか?というものでは、ビル・ゲイツが出てきた。 (実はロックフェラーだという情報もあったが) それによると、ビル・ゲイツの推定資産は530憶ドルとあった。日本円で4兆円以上? アメリカの学生がデモで抗議するのも無理ないな、と思う。富は確かにかたよりすぎ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/02 11:50
欧米人の名前
 欧米の人の名前には、聖書に由来するものが多くあります。今までに出会った人の中に、Mathew, Mark, Andrew ,David, Jonathan といった人たちがいました。聖書中ではそれぞれどんな人だったのでしょうか?   Mathew 英語で読むとマシュー。日本語の聖書ではマタイとなっています。キリストの十二使徒のひとりで、四福音書のひとつを書きました。ちなみに福音書は"Good News"です。マタイは収税人でしたが、この職業は人々から嫌われていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/04 14:42

トップへ | みんなの「英語」ブログ

五月花の羊 英語のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる