五月花の羊

アクセスカウンタ

zoom RSS 何が「福音」?

<<   作成日時 : 2015/11/07 20:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 2 / コメント 2

新約聖書の最初の4つは「福音書」と呼ばれています。「福音」とは、「良い知らせ」―つまり英語で言うと「グッドニュース」です。しかし、これらの聖書に書かれていることの一体何が「グッドニュース」なのでしょうか?   
「キリストが生まれた」「大人になって人々を教えた」「病気をいやした」「刑柱にかけられて殺された」「復活し、その後天に昇った」…
だから何だというのでしょう?この現代に暮らす私たちに、何の関係があるというのでしょうか?
《私たちの願いは?》
もし実際に神様がいて願いを聞いてくれるとしたら、どんなことを願いますか?
「お金がたくさんほしい」?「美しくなりたい」?
それとも、「自分や家族が健康に過ごせること」「犯罪や戦争や貧困のない平和な世界」でしょうか?「若返ること」「死なないこと」はどうですか?
「若返れたらいいけれど、そんなことは無理。有り得ない。」と思われますか?科学の進歩により、クローンを作れるようになっています。話題のips細胞を利用する技術の開発が進めば、色々な病気を治せるようになるかもしれません。不完全で失敗の多い人間でさえそうしたことが可能なら、すべての設計者である神に不可能などあるでしょうか?

《神の目的は?》
そもそも、もし神が人間を造ったのなら、その目的は何だったのでしょうか?
創世記1章27・28節には、「…そうして神は人をご自分の像に創造してゆき,神の像にこれを創造された。男性と女性にこれを創造された。さらに,神は彼らを祝福し,神は彼らに言われた,「子を生んで多くなり,地に満ちて,それを従わせよ。」とあります。
「神の像に」というのは、神と同じ特質―つまり愛や知恵や力を持つものとして造られた、と言う意味です。このとき、人間は一組の夫婦しかいなかったので、「地に満ちて」というのは子孫を増やして」と言う意味です。「従わせる」というのは、「知恵を持って管理する」ということになります。
愛と知恵を持って地球を管理し、人間も動物も仲良く平和に暮らす。この神の目的は、人間にとってこれ以上ない良いものではないでしょうか?

《現実は?》
 しかし、現実はそのようになってはいません。それは最初の人間夫婦が、悪魔にそそのかされて神に反逆したからです。そのため子孫である私たちは、反逆者の子となってしまいました。その結果人間は病気になり、老化し、死ぬようになった、と聖書は述べています。
このままでは救いはありません。人間は短く苦しみの多い一生を生き、死んでいくだけです。

《福音とは?》
しかし、神はそれをよしとされませんでした。最初の二親は道を誤ったけれど、子孫には希望が差し伸べられました。その手段がキリストです。ヨハネ3章16・17節には次のように書かれています。
「というのは,神は世を深く愛してご自分の独り子を与え,だれでも彼に信仰を働かせる者が滅ぼされないで,永遠の命を持てるようにされたからです。神はご自分の子を世に遣わされましたが,それは,彼が世を裁くためではなく,世が彼を通して救われるためなのです。」
神はこの世界と人類に愛情を持って、救うために「ご自分の独り子」つまりキリスト・イエスを地上に遣わされた、というのです。

《他に救いはあるか?》
もし神がそうされなかったなら、私たちに救いはありません。年老いて死んでゆくのみなのです。
死後の世界に希望を託しますか? 生まれ変わることができるのでしょうか? 「あなたは塵だから塵に帰る」と、アダムは神に言われました。「魂の不滅」という考えを信じたい人々もいるでしょう。しかし残念ながらその考えは、エバに「あなた方は死ぬようなことはありません。」と言った悪魔の、ウソの上塗りでしかありません。

《必要なことは?》
「福音」すなわち「グッドニュース」というのは、救いの手立てが講じられ、私たちに希望が差し伸べられたことを指しています。もっとも、「救い」は無条件ではありません。「彼に信仰を働かせる」ということが求められます。でも信仰というものは「盲信」とは大きく違います。正しい知識に基づいたものでなければいけません。では、必要なことは何でしょうか? 正確な知識を取り入れることです。そのため神は、聖書を全ての人々が読めるように、世界一多くの言語に翻訳させました。現在2800ほどの言語に翻訳されており、その発行部数は計測不能ということでが、数十億に上るでしょう。永遠のベストセラーなのです。過去の本ではなく、現在進行形で世界一なのです。
どんな「グッドニュース」であっても、それを活用しないなら無価値です。知識を取り入れるために、費用は必要ではありません。「あなた方はただで受けたのです。ただで与えなさい。」と言われたイエスに従っている人々から、無料で受け取ることができます。インターネットでも、大量の情報が無料で配信されています。全人類への神からの知らせだからです。嘘偽りの氾濫するこの世界ですが、「真実など存在しない」とは言い切れないのではありませんか?  もしあなたが親であれば、愛する子供の命もかかっているのです。是非ともお調べになるようお勧めいたします。


聖書の内容は真実ですか?





新約聖書 福音書 (岩波文庫)
岩波書店

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新約聖書 福音書 (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
インドネシア高速鉄道受注戦の内情を暴露 青山繁晴
日中のインドネシア高速鉄道受注戦で、驚くべき内情を、青山繁晴氏が暴露した。 ...続きを見る
風林火山
2015/11/07 23:28
「福音」の意味
新約聖書の最初の4つは「福音書」と呼ばれています。「福音」とは、「良い知らせ」―つまり英語で言うと「グッドニュース」です。しかし、これらの聖書に書かれていることの一体何が「グッドニュース」なのでしょうか?    「キリストが生まれた」「大人になって人々を教えた」「病気をいやした」「刑柱にかけられて殺された」「復活し、その後天に昇った」… だから何だというのでしょう?この現代に暮らす私たちに、何の関係があるというのでしょうか? ...続きを見る
五月花の羊
2016/09/11 19:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コメントありがとうございます。
世の中不条理なことが多すぎます。
日本に宗教法人は18万2000あるようです。
各人が良心に従って生き、死ぬことが心に神を持つことだと思っています。
asayan
2015/11/09 14:36
asayanさん
コメントありがとうございます。
携帯に通知が来ないので、コメントはずっと頂けていないのだと思い込んでいました。(マヌケですね〜!)

世の中に不条理なことが多すぎるのは、「全世界が邪悪な者の配下にある」ことの証拠です。神も悪魔も、心にあるのではなく実在者です。
風は見えないけれど、樹木がゆれることにより屋内にいても吹いていることが分かります。同様に見えない存在も、その働きによって存在が分かります。証拠を調べ洞察力を働かせることが必要ですが。
mayflower
2015/12/17 22:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
何が「福音」? 五月花の羊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる