五月花の羊

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだったのか、風疹騒ぎ

<<   作成日時 : 2013/06/30 19:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 2 / コメント 12

「風疹が大流行!ワクチン接種を!」
このキャンペーンに何か、作為的なものを感じていた。

NHKのニュースを聞いて、驚いた。
風疹のワクチンが不足するから、大人には輸入ワクチンを使うと。
そのワクチンとは、はしか、風疹、おたふくかぜの混合ワクチンだと。


        

そうだったのか、風疹騒ぎ!
子宮頚がんワクチンの次は、これを売るつもりなのか!

このワクチンは、MMRワクチンと呼ばれるもので、アメリカでは多数の科学者が、自閉症の原因としているものだ。
イタリアでは、MMRワクチンで自閉症になったと訴えていた家族が、勝訴した。
裁判所が、ワクチンが自閉症を引き起こしたと認めたのだ。

アメリカでも大規模な訴訟が準備されているという。
裁判で害が明らかになれば、多分大量のワクチンが売れなくなり、無駄になるから。

ここ20年で、自閉症は急増、アメリカでは88人に1人が重度の自閉症に苦しんでいると言う。
ところが、予防接種をしないアーミッシュの人たちの自閉症の発生率は10,000人に1人だそうだ。

自閉症は発達障害と言われている。大人が接種しても、子どもほどの害はないかもしれない。しかし、やはりチメロサールという水銀が含まれたものだろう。接種して何かあっても補償も何もない。
すべて自己責任。

薬害エイズを思い出してみよう。
安全な加熱製剤が発売されていたにもかかわらず、危険な非加熱製剤を売り続けたために、引き起こされた悲劇だったのではないか?

あの子宮頚がんワクチンで、命をうばわれた若い女性は世界で130人以上いるという。死には至らなかったものの、国内でも500人以上が被害者となったと聞く。その多くは、一生治癒しない障害を抱えることになるという。
この被害は、「風疹流行」より小さなことなのだろうか?

だれかの人生が台無しになるより、利益が大事という人間がいるのだ。
本当に悪いヤツは背後に隠れ、表向きは善人を装っているのだろう。

宣伝に踊らされてはいけない。
ワクチンの被害者や、心ある医者が発信している。
しかし、富と権力を持つものが、それらを覆い隠そうと大量の情報を発信している。

真実は、掘り起こさなければ出てこないのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
娘は毒を打たれそうになった。
「毒を打たれる」と言うと、嫌がっているのに力づくで押さえつけて無理やり注射される、みたいなイメージかもしれないが、そうではない。「打たれる」人は「毒」ではなく、将来病気にならないために免疫をつける「良いもの」と思って受けるからだ。 娘が打たれそうになった「毒」とは、「子宮頸がんワクチン」! ...続きを見る
五月花の羊
2015/08/02 16:53
今度はジカ熱だって
今朝もNHKで、「ジカ熱が〜」とか言ってた。 ...続きを見る
五月花の羊
2016/02/03 19:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
風疹のワクチンが不足するという話は聞いたことがありますが、不足分を海外から輸入するのですか? それもなにか問題のありそうな。医療関係は安全第一ですよね。何かあったら国はどうするのでしょう、困ったものです。
What's up?
2013/07/01 12:29
What's up?さん
何かあったとき国がどうするかは、過去の薬害について調べれば、あるいは現在福島の被害に対してどうしているかを見れば分かるのではないでしょうか?
しかし、たとえどれほどのお金を補償してもらったとしても、亡くなった命は返ってきませんし、障害が治るわけでもありません。
「子宮頚がんワクチン副作用 闘病記」というブログを、東京の音大生の人が書いています。自分のような目に、年下の子たちが遭ってほしくない、と書かれています。情報の拡散を希望されていますので、見て下されば嬉しいです。
私の娘は、ひとつ間違えばあのワクチンを接種していました。風邪薬でアナフィラキシーを起こしたような子です。
もし接種していたら、無事ではすまなかったのでは、と思うと、他人ごととは思えません。
多くの医療関係者は、良心的に仕事をしておられます。
しかし、母のことも薬害のように思えるし、医薬品産業はとても信用などできないと、今では考えています。
mayflower
2013/07/01 22:57
怖い国ですよね、日本って。
前に「医者を信じちゃいけない」と笑いながら言っていた医者がいましたが、「国を信じちゃいけない」ですね。
というか、この国、薬屋が多すぎませんか?
私は今眼科だけを受診しているのですが、これもドライアイが原因で通い始めたわけです。でも毎月検眼されて医療費に加算されることや、薬局でも「指導料」というわけのわからないものが加算されている現実に腹が立って、せめてその分節約しようと考えて先生に二ヶ月に一回受診を申し出ました。やたら多いですよね?白衣来た検査師?彼らの給料を持たされているんですよね?きっと。
薬局で色々聞かれて「なんでアンタに答える必要あるの?」とずっと思っていたのですが、それが指導料だったんですね?色々不思議なことがまかり通る変な国ですね。
maygreen
2013/07/03 10:12
maygreenさん
そんな日本でも、中国やアメリカ、イギリスなどの内部について聞けば、まだまし、と思えますよ。
サーバリックスやガーダシルなどの毒薬を、薬として売って多くの利益を得たのは、アメリカの製薬会社ですからね〜。
でも、国を信じちゃいけない、というのは言えるかも。
結局は政治家と官僚が「国」を構成しているんですもの。
お金がなくっちゃあ、政治家にはなれないんですからね〜。
mayflower
2013/07/03 22:29
こんばんは。
この前週刊誌でですけど、子宮頸がんワクチンで寝たきりになった方がいると書いてありました。
怖い話です。
アメリカって、結構とんでもない国ですよ。
農業関係でも、種が出来ない野菜の種なんてものを作ったりしてるんですから。命の冒涜ですよね。これって。
TAMO
2013/07/04 23:53
TAMOさん
宮城県のさとう内科循環器科のブログで、被害に遭った人からの情報を寄せてください、と呼びかけていました。
アメリカの、娘を失った親の声も転載されていました。
本当にひどい話です。

タネの出来ない野菜の種の目的は、種を売り続けることなんでしょうか?
近いうちにドルを暴落させて、通貨を切り替える、などという話もあるらしいです。
いろいろ企みがありそうだけど、害を被るのはいつも、弱い者ですね。
mayflower
2013/07/06 00:16
無欲ということは本当に大変で、素敵なことなんですね。
仕事のことで、いろいろ助けたり、手伝ったり、善意で行ったことが、すべて裏切られたことがあります。
正しくは自分がパソコンでデザインする手段を教えたり、したが、デザインやになって、わたしの取引先に出入りして、仕事を横取りしたり、されること4人です。
自分が馬鹿だとは思いますが、精神が貧しい人が多く悲しい。人嫌いになることも多々あります。なぜ、デリカシーがないか、気がつかないか・・。欲に負けるか・・(夫婦で馬鹿なやつも)。資本主義も人を滅ぼすものですね。
資本主義の総本山は・・アメリカ・・?
ベランダ農夫
2013/07/07 18:25
ショッキングなことが多すぎです。
何もないようなのに、裏では何が起きているのか、疑心暗鬼になります。
はな
2013/07/07 21:42
ベランダ農夫さん
善意が裏切られると、本当にダメージを受けると思います。お仕事の上のことだと、心的なものと実際的なものとのダブルパンチですね。
でも見る目のある人には必ず、誠実な人とそうでない人が分かるはず。類は類、心が貧しい人はそういう人たちと群れると思います。
この時代、「人々は自分を愛する者、金を愛する者、感謝しない者、善良さを愛さない者、裏切る者…になる」と予告されています。そして、「そうした者からは離れなさい」と勧められています。
中国人の友人からは、今の中国はもっとひどいと聞きます。国とか関係なく、信頼できる人を見いだせたらいいですね。
mayflower
2013/07/09 11:31
はなさん
実は私もそうです。
ここ何カ月かで知ったことでショックを受け、とても疑り深くなりました。
末娘があのワクチンを売っていたら、と考えると、怖ろしくなります。
生徒たちを見ると、特別支援教室はどこの学校もほとんどが男子。オーストラリアでもそうだということです。
そこで疑われるのがワクチン。影響を受けるのはほとんどが男の子だそうだから。
実際、教室で目立つのは男子。
私語を止められない子、じっと座っていられない子。手がかかるのはたいてい男子なんですよね。
ワクチンを打たれてなければ、もしかしたらこの子はもっと賢かったのかも、と思うと可哀想になってしまって…。
自閉症になってしまった子の親御さんの気持ちを考えると、いたたまれない思いになります。
mayflower
2013/07/09 11:42
えーっ!自閉症の原因がMMRワクチンなんですか?
今さっき、長尾和宏Dr.のブログ“和の町医者日記”で、風疹ワクチンを受けましょうというブログを読んだばかりですよ。
子宮頚がんワクチンで若い女性がひどい目にあっているのは、TVで見ましたけど。
恐いですね。


さよ
2013/12/09 02:23
さよさん
私も医療関係者ではないので、ネットで知った情報ですが、ワクチンは製薬会社のドル箱のようですよ。今はワクチンの数が以前よりずっと増えているとか。それに比例してアトピーやアレルギー、自閉症は増えているんじゃないのかしら?
宮城県大崎市のさとう内科循環器科のサイト、thinkerのサイトなどをご覧になってはいかがでしょうか?
mayflower
2013/12/09 16:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
そうだったのか、風疹騒ぎ 五月花の羊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる