車いすバスケットボール

今日、学校で車いすバスケットボールがあった。
パラリンピック選手を含む、車いすバスケットボールの選手と支援者の方々が来られ、生徒に体験をさせてくれた。
最初に、日常生活で使われる車いすとバスケットボール競技用の車いすの違いについて説明された。
競技用車いすは、
  バンパーがついている
  後部に転倒防止用のキャスターがついている
  ブレーキがない  
  車が「ハ」の字につけられている
などの点が、日常生活用と異なっている。

生徒全員が、体験をさせてもらった。
動かし方の説明を受けた後、一回目は体育館の横の半分くらいの距離を二往復。
二往復目の最後には、スピードを出して急停止(手で車輪をつかむ)するように言われた。
二回目は、ドリブルの説明を受け、ボールを持って一往復。
説明時は、実際にやり方をデモンストレーションしながらだったので、生徒もわかりやすかったみたい。
みな、上手に車いすに乗っていた。

「先生方もあちらで。」
と言われ、教師たちも体験させてもらった。
私も乗らせてもらい、まずは何も持たずに、次にボールを持ってやってみた。
車いすは思いのほかスムーズに動かせた。
勢いをつけて進み、片方の車輪を止めるとクルッと回転する。
これ、面白いなあ!

全員の体験のあとは、クラス代表による試合。
初めてにもかかわらず生徒たちはなかなか上手にプレイし、見ている方も盛り上がった。
生徒チーム5つプラス先生チームひとつ(若手教師です)が試合をした。
先生チームと生徒チームの試合では、生徒チームが勝利。
得点できた2チームの代表がじゃんけんをして、勝った方が3人の選手チームと試合をした。

生徒チームは6人。
選手チームは3人だが、パラリンピック選手とは当然レベルが違う。
スイスイとシュートを決められながらも、生徒チームも頑張った。
なんと、1ゴールを決めることができた。

見ている方も、大歓声あげながらの観戦。
車いすバスケットボールが身近になった体験だったに違いない。

説明のなかで、選手たちの障がいについても語られた。
「Yさんは、交通事故で脊髄を損傷したので、車いすで生活しています。
お腹から下が麻痺しているので、腹筋が使えず前にあるボールをうまく拾うことができません。
そこで、ボールを横にやって車いすの回転を利用して拾います。」

今日の体験によって生徒たちは、車いすの人は「特別な人」ではないことを、自然な形で学んだのではないかと思う。素晴らしいプレイをする選手たちを、「かっこいい!」と思っていた。
握手する機会のなかった一部の女子たちは、退出時に選手たちと握手をしに行っていた。

私自身、以前は関心がなかった車いすバスケットボールだが、次のパラリンピックには車いすバスケットボールの日本チームを応援しているかもしれない。
今は明るく車いすバスケットボールをやっている選手たちだが、障がいを受け入れるまでには相当な苦闘があったのだろうなとも思った。

それにしても、競技用車いすに乗る体験なんて、学校にいればこそできたこと。
貴重な体験をさせてもらったひと時だった。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年09月12日 08:53
パラリンピックはあまり注目されませんが、大切な大会ですよね。今回の招致活動でも、義足のジャンパーがスピーチで活躍しましたが、明るくて、知的で素晴らし女性でしたね。
可哀そうでなく、活躍できる場所や、バリアフリーの社会インフラが大切ですね。
2013年09月12日 21:48
What's up?さん
早速のコメント、ありがとうございます。
以前に、義足のアスリート、エイミー・マリンズさんの記事を書いたことがありました。今の義足はすごく進歩していますね。

車いすバスケットボールは、とても激しい競技だそうです。
試合に出た先生は、ほんの5分ですごく腕が疲れtそうです。
確かに、男性の選手は、胸と腕の筋肉がすごかったです。
2013年09月21日 22:57
パラリンピックが同時に開催されるのはよいですね。これでフラットな都内になるかな?だといいけれど。
2013年09月29日 20:28
ののはなさん
パラリンピック選手も、まさしくアスリートですよね。
困難を乗り越えての出場と思うと、なおすごいと思います。
オリンピックにはちょっと複雑な思いがありますが、オリンピックもパラリンピックも、選手の皆さんは頑張っておられるので、良い方向へ向かってほしいものですね。

この記事へのトラックバック