五月花の羊

アクセスカウンタ

zoom RSS 先を読むには?

<<   作成日時 : 2018/06/09 21:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

人は経験を重ねると、次はどうなるか、がある程度分かるようになります。過去の経験から情報を分析し、予想するのです。たとえ問題が起きたとしても、正しい対応をすれば悪い結果を回避することができます。そのためには正しい情報を得ることが必要です。今日、情報は洪水のようにあふれ、何が正しい情報なのかが分かりにくくなっています。見極める能力が今ほど必要な時代は、かつて無かったかもしれません。
 聖書は道徳や倫理、歴史を教えていますが、同時に預言の書でもあります。そして聖書の預言はこれまで、すべてがそのとおりに実現しています。それらの中で、現代のことを述べているのがマタイ24章です。事実と照らし合わせてみましょう。

マタイ24章4〜14節
そこでイエスは答えて言われた,「だれにも惑わされないように気を付けなさい。 5 多くの者がわたしの名によってやって来て,『わたしがキリストだ』と言って多くの者を惑わすからです。 6 あなた方は戦争のこと,また戦争の知らせを聞きます。恐れおののかないようにしなさい。これらは必ず起きる事だからです。しかし終わりはまだなのです。 7 「というのは,国民は国民に,王国は王国に敵対して立ち上がり,またそこからここへと食糧不足や地震があるからです。 8 これらすべては苦しみの劇痛の始まりです。 9 「その時,人々はあなた方を患難に渡し,あなた方を殺すでしょう。またあなた方は,わたしの名のゆえにあらゆる国民の憎しみの的となるでしょう。 10 またその時,多くの者がつまずき,互いに裏切り,互いに憎み合うでしょう。 11 そして多くの偽預言者が起こって,多くの者を惑わすでしょう。 12 また不法が増すために,大半の者の愛が冷えるでしょう。 13 しかし,終わりまで耐え忍んだ人が救われる者です。 14 そして,王国のこの良いたよりは,あらゆる国民に対する証しのために,人の住む全地で宣べ伝えられるでしょう。それから終わりが来るのです。

「私がキリストだと言って、多くの者を惑わす」
このようなことは、たくさんあったのではありませんか?統一教会の文鮮明を、ものみの塔は「偽キリスト」と名指ししました。キリストを名乗らないまでも、新興宗教の教祖は多くいます。

「戦争の知らせ」
20世紀には、二つの世界大戦がありました。その後も私たちは戦争の知らせを聞き続けています。

「そこからここへと食糧不足や地震がある」
未だに8億人が飢えているそうです。地震についてはいやというほど経験しています。

「王国の良い便りが全地で宣べ伝えられる」
エホバの証人はインターネットで800もの言語で情報発信するとともに、世界中で同じ知らせを述べ伝えています。800万以上のエホバの証人が活動しています。

今が聖書の述べる「終わりの時代」であることは明らかです。ご自身と愛するご家族のために,まずは正しい情報を取り入れられることをおすすめします。 jw.orgをご覧ください。 




夜と霧 (字幕版)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夜と霧 (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
先を読むには? 五月花の羊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる