五月花の羊

アクセスカウンタ

zoom RSS ナオミとルツの物語

<<   作成日時 : 2018/01/27 23:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 1 / コメント 2


ナオミというイスラエル人の女性は、夫とともにモアブという地方に移住しました。後にふたりの息子が結婚します。ところが不幸なことに夫も息子も早死にしてしまいます。ナオミは息子たちの妻のルツとオルパに実家にもどるようすすめます。彼女たちはイスラエル人ではなくモアブ人だったのです。そしてナオミ自身はひとりイスラエルに帰るつもりでした。
ナオミは嫁たちと仲が良かったので、彼女たちはナオミと別れたがりませんでした。しかしまだ若い嫁たちの行く末を思うナオミは、自分と一緒にいても良いことはない、親族の元に戻るようにと強くすすめます。それでオルパは泣く泣く実家に帰っていきます。しかしルツは年老いたナオミを見捨てて戻ろうとはしません。
「どうか一緒に行かせてください。あなたのいかれる所へ私も行きます。あなたの住まれるところで私も住みます。あなたの民はわたしの民、あなたの神はわたしの神です。あなたが死なれるところで私も死にます。そこが私の墓になるのです。」と言います。その言葉を聞いて、ナオミはルツを帰らせることをやめます。やがてふたりはイスラエルに着き、そこに住みはじめます。
イスラエルにはモーセの律法(神から与えられたきまり)がありました。それによると、畑の所有者は落ち穂を拾ってはなりませんでした。また畑の端まで刈りつくさずに残すようにとも、命じられていました。落ち穂や刈り残しの穀物を手に入れることは、土地を持たない貧しい者や外人居留者が糧を得る手段、つまりそれらの人々の権利として認められていたのです。そこでルツは落穂ひろいをして働き、ナオミを養います。ルツのまじめな働きぶりや姑を大切にする人柄は、じょじょに周囲の人に知られるようになります。ルツはその後、ナオミの親戚にあたる裕福な男性と再婚し、男の子を産みます。ナオミはルツのおかげで幸せな老後を送ることができ、ルツも幸福になりました。ルツの生んだ男の子の名はオベデといい、オベデの孫のダビデは後にイスラエルの王になります。イエス・キリストはダビデの家系に生まれたので、ルツはイエスの先祖のひとりになったのです。
 

〈日本にも「落ち穂拾い」があった?〉

 農業学者の宇根豊さんによると、日本にも「落ち穂拾い」があったそうです。高齢の農家の人がこう言われたのだそうです。「田んぼの持ち主は落ち穂を拾えなかった。稲刈りしていると貧しい人たちが、もうそこで、袋を持って待っていた。」 
 これは驚きです。日本には神の律法がなかったはずなのに、そこに命じられたことが習慣としてあったとは! 日本全国にあったのか、それとも一部だったのか興味を引かれます。収穫は人間の働きだけによるのではない、地の恵みを独り占めすべきではない、というような信仰心があったのかもしれません。そういう意味では、古き良き時代だったのでしょう。自然に対する人間の謙虚さ、それこそ今の時代に取り戻すべきものかもしれません。 


(これは2011年9月4日の記事を編集したものです。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
STOP朝日新聞プロパガンダ ケント・ギルバート
日本を代表する天下のフェーク・ニュース(捏造新聞)、「朝日新聞」に関連する記事を、2本立てで紹介したい。 【拡散希望】 ...続きを見る
風林火山
2018/02/25 19:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本でも老後の介護や在宅問題で盛んな論議がありますけど、古代イスラエルにも、優しいお嫁さんがいたのですね。姑さんもお嫁さんのルツの将来を心配しているのが偉い姑だなあと思います。
さよ
2018/02/17 21:53
さよさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
この頃はたま〜に更新するだけで、あまり他のブログを見に行っていません。そんな私の所に来て下さりコメントも頂きながら、三か月も認証もせず放置して本当にすみませんでした
mayflower
2018/05/21 21:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナオミとルツの物語 五月花の羊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる