五月花の羊

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球と人間、創造された目的は何ですか?

<<   作成日時 : 2018/01/22 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 5

 神は何のために地球と人類を創造されたのでしょうか?聖書によると、神は目的をお持ちでした。 創世記1章26節から28節に次のように記されています。
26 次いで神は言われた,「わたしたちの像(かたち)に,わたしたちと似た様(さま)に人を造り,彼らに海の魚と天の飛ぶ生き物と家畜と全地と地の上を動くあらゆる動く生き物を服従させよう」。 …28 さらに,神は彼らを祝福し,神は彼らに言われた,「子を生んで多くなり,地に満ちて,それを従わせよ。」
 目的は、神のような愛や知恵を持つ人間に、地球を平和に管理させることでした。美しく管理された公園に、花を楽しむために行く人は多くいます。その公園のような状態を地上の全ての場所に広げる、ということです。「自然豊かな美しい場所で平和に暮らす」というのは、普通の人なら誰でも願うことでしょう。それが神の目的であるのは、喜ばしいことではありませんか?
 しかし現実はどうでしょうか?地球の多くの場所が汚染され、管理された美しい公園とはかけ離れた状態になっています。神はなぜ、目的とかけ離れた現在の状態を放置している(ように見える)のでしょうか?それは最初の人間夫婦が、神の支配を離れて悪魔の支配下に入ってしまったからです。何の不自由もなかった父親のもとを、何かの制限を嫌って家出してしまった息子のようです。私たちは彼らの子孫なので、いまだに悪魔の支配下にいるのです。これまでの人類史は、悪魔の支配の歴史でした。だからこれほど悲惨なのです。神の元から悪魔の支配下に出て行ってしまったのは人間だけではありませんでした。一部の天使たちも、美しい人間の女性たちを見てふさわしくない欲望を抱き、神に背きました。家出した人類と天使たちは、自分たちが選んだ道がどんな結果になるかを知らなければなりません。当然のことですが、神は悪魔の支配をいつまでも許されたりはしないのです。反逆者すべてがまもなく滅ぼされるので、道連れにされないために神の側に避難することが急務なのです。

 しかし、本当に悪は滅ぼされるのでしょうか?悪はこれほど長い間はびこってきたので、そんな疑問がわいても無理はありません。イザヤ55章11節には、神の言葉は必ずその通りになることが次のように書かれています。
降り注ぐ雨,また雪は,天から下り,実際に地にしみ込み,ものを生じさせ,芽を出させ,そして,種が種をまく者に,パンがそれを食べる者に実際に与えられなければ,その場所に帰らない。わたしの口から出て行くわたしの言葉も,それと全く同じようになる。それは成果を収めずにわたしのもとに帰って来ることはない。それは必ずわたしの喜びとしたことを行ない,わたしがそれを送り出したことに関して確かな成功を収める。」
 雨は地に降り注ぎ、草木や穀物を成長させ、そののち川から海へと帰っていきます。神の言葉は水と同様必ず成果をおさめると、神の言葉は保証を与えています。ですから今どれほど地が損なわれていようと、将来必ず神の目的とした楽園になるのです。しかし環境の破壊は進んでいます。ですから神は必ず、地球環境が回復不可能なほどに破壊される前に行動を起こされるでしょう。調べれば分かりますが、聖書の預言はこれまでその通りにならなかったことが無いのです。神は人間が滅びにいたることを望まれません。一人でも多くの人が救いの側に来ることを望まれます。どうかご自身と愛するご家族のため聖書をお調べになり、神の側に避難されますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 多分、神様は何時も忙しく、全てに慈しみの愛を注いでいると思います。
 だから自然の姿を洞察して神の御心を理解したら争いは無くなると思います。
ユウキ・コバ
2018/03/11 08:39
ユウキ・コバ様
 コメント頂きながら、2か月以上も認証もせず放置してしまった失礼をお詫びいたします。申し訳ありません。
 「神は愛」とあるように、神は「邪悪な者の上にも」雨を降らせてくださいます。しかし、「自然を洞察して神の御心を理解」しようとはせず、自分の利益だけを求め人の不幸を何とも思わない者が多くいるから、争いは無くならないのではありませんか?そしてそれは人間だけの問題ではなく、邪悪な悪魔と悪霊たちのせいでもあるのです。悪魔と悪霊、そしてその配下の邪悪な人間をこの地上から取り除くのは、神の公正さであり当然のことだとは思われませんか?人間は今、どちらの側に立場を定めるのか決定を迫られているのです。
mayflower
2018/05/21 21:20
自己のためだけ他を支配し、自己への利益誘導している人をパリサイ派と見るならば、まさにイエスキリスト様が彼らを厳しく非難しています。
私は思うに、彼らを恐れず侮らず神を信じて生きれば良いと思います。
暢気な性分なので答えになっていないかも知れません。
ユウキ・コバ
2018/05/22 22:19
悪魔と悪霊について、ご存じないのだと思います。彼らは正体を隠していますが、人間社会に大きな影響を及ぼしています。悪霊は死んだ人間の霊などではなく、堕落し神の家族から追放された邪悪な天使なのです。残虐行為を好み、また倒錯した性を好みます。神に滅ぼされることを知っているので、怒りを抱いてひとりでも多くの人間を道連れにしようとやっきになっているのです。
マタイ8章28節、使徒たちの活動16章16節なども参考までにお読みになってみてください。残念ながら、今はのんきにしていられる時ではありません。
mayflower
2018/06/09 23:18
其は現在の世界情勢から見るならば、今まさに中東で行っている実行者達です。
其でも、どんな事が起きようとしても怖れず生き抜くことが大切ですね。
頑張ってください。
ユウキ・コバ
2018/06/15 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
地球と人間、創造された目的は何ですか? 五月花の羊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる