五月花の羊

アクセスカウンタ

zoom RSS 最恐の毒

<<   作成日時 : 2016/02/14 19:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 38 / トラックバック 1 / コメント 2

“がん” は1981年(昭和56年)より日本人の死因の第1位で、現在では、年間36万人の国民が“がん”で亡くなっているという。
戦前は、結核や肺炎、胃腸炎など、感染症などが高い死亡原因だったそう。
戦前までトップ5位にも入らない病気だったのに、今では3人に1人がガンになるとまで言われるほどの病気となった原因は何なのだろうか?

アメリカでの「マクガバンレポート」なるものによると、動物性食品の過剰摂取がその問題の大きな原因、とされている。
しかし、それ以上に疑わしい原因について記された記述を見つけた。

「除草剤 がん細胞は肝臓を守る浄化装置だった」

(以下引用)

ガンの原因については世界中の学者が懸命に研究していますが、今だにガンの原因についての説明をする学説はありません。いろいろな要素が複雑に絡み合ってガンができてくるのだろうと一般的には考えられています。食品添加物、動物性食品の取り過ぎ、栄養過剰、塩分過剰、ビタミン不足、刺激の強い食品、たばこ、カビ、電磁波、ストレス、等々、いろいろなものが原因として挙げられていますが、これこそ原因というものはいまだにわかっておりません。これらのひとつひとつをチェックしてみてもどれもガンの根本原因にはなっていませんでした。人間の体は相当丈夫にできており自然治癒力が働いてそう簡単に病気にはならないようになっています。少しぐらいの毒素は肝臓でほとんど処理できます。

近代農業が農薬、除草剤を使うようになってからこの状況は一変いたしました。その毒性を調べていくにつけ仰天してしまったのです。
最も生命力の強い雑草を枯らしてしまう除草剤の猛毒性についてはベトナム戦争ですでに実証済みです。どれだけのガン患者や奇形児が生まれたことでしょうか遅発性の毒性で殺虫剤の50万倍、食品添加物の300万倍近い毒性があるという恐ろしいものです。これら除草剤の猛毒が人間の体内に入り始めてからガンや難病、奇病、原因不明の病気などが多くなったのです。医者は原因がわからないから治しようがありません。

日常の食品を通じて猛毒の除草剤などが肝臓にたまり始めてきたのです。肝臓の化学工場はこれほどの猛毒を処理するように設計されていませんでした。それでも肝臓は必死に働いて毒素を排せつしようと努力したのです。しかし化学工場肝臓の能力もすぐ限界に達してしまいます。人体で最も大切な器官である肝臓がダウンしては命がなくなってしまいます。それで少しでも命を守るために肝臓自体で処理できない毒素を1カ所に集めようとしたのがガン細胞だったのです。ガン細胞は体を守るためにできた非常浄化装置のようなものだったのです。

浄化装置を切ったらどうなりますか。又、どこかに浄化装置を作らなければいけません。これがガンの転移であり、切ってはいけない理由です。体内の血液を浄化していけば自然にガン細胞は使命を終えて小さくなっていきます。ガン細胞は肝臓や命を守るために第二の肝臓のような浄化装置として働いていたのです。だからガンに感謝しなければならないのです。ガン細胞を切り刻んで全身にばら撒くと3日ほどで死ぬそうです。毒が全身に回らないようにガン細胞は『毒素よ!ここに集まれ!』と集合をかけているようなものです。それでガンになっても半年から数年は生きられるのです。その間に食を改めれば治ってしまうのです。



この猛毒除草剤が最も濃縮されている食物が魚介類です。田んぼや畑で使用された除草剤は河川を通じて海に流れ、プランクトンから小魚、大魚へと連鎖的に濃縮蓄積されていきます。その魚のうち私達がよく食べる最も大きい魚はマグロです。このマグロがいかに毒素が濃縮されているか比較してみます。

マグロの刺身100gに残留している除草剤ダイオキシンの量は農薬除草剤を使用して栽培した普通の生野菜100gと比較してマグロの方が約5万倍の除草剤ダイオキシンが多く残留しています。5万倍です。驚くべき食物連鎖です。いくら農薬除草剤を使用した野菜でも食物連鎖で濃縮されないのでいかに害が少ないかよく理解できると思います。 自然食にこだわっている方で無農薬の野菜を買い、無添加の食品を食べて必死になっている自然食派の人達も魚介類をよく食べる人が多くいます。魚介類を食べたらいくら無農薬の野菜を食べてもいかに無意味かを述べます。 マグロの刺身は5万倍の毒素量ですから、マグロの刺身100g1回たべるのと農薬除草剤を使用した生野菜100gを毎日100g、365日、136年間食べ続けたのと同じ毒素量になるのです。驚くべき毒素の違いではありませんか。食物連鎖による除草剤の毒素の濃縮がいかに恐ろしいか、それが魚介類に最も集中しているのです。


食肉は国産でも、飼料に遺伝子組み換え作物が半分くらい使用されているらしい。ということは、除草剤のダイオキシンが残留していると考えられる。遺伝子組み換え作物は除草剤耐性を持っているから。
雑草が枯れる薬剤をまかれてなお、青々と茂る作物は不気味!

遺伝子組み換え作物には、トウモロコシ、キャノーラ、大豆などがあるそうだ。
スーパーでキャノーラ油が199円で特売になっていた。「安いけど、大丈夫かな?」と思いつつ買ったけど、大丈夫じゃないよね〜。揚げ物なんかしたら、かなりの油を取り込むことになるなあ。最近はほとんどしないけど。

遺伝子組み換え作物と除草剤。
モンサントという会社のもの。
「農薬メーカー、製薬会社、農家のエゴ、消費者の無知によって使い続けられている除草剤が最大の根本原因となる」と浅井敏雄氏は書いているが、エゴ以上の悪意があるように思える。
それは「人口削減計画」。

自分と家族の命を守るには、「安いもの」を求めてはいけない時代になっているのかもしれない。
いくら安くても、「毒入り」食品にNO!を突き付け、買わないことが必要なのだと思う。

リンク Thrive

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
〈拡散希望!〉 ごま油のはずが・・・。
ごま油のびんが、空になった。 買い置きがあったよね。 ...続きを見る
五月花の羊
2016/04/05 22:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
50歳ころより 規則正しい生活に毎夕食後 一時間の散歩(1Km=10分の速度)して30年以上 やっぱり大腸がん(盲腸部)になり取り除き 治療中
同室に抗がん剤使用の患者達の苦しむのを見て 賛成に大反対して良かったと・・・・・
まったくっ ねぇ〜
感謝しています
有難う
baisa
2016/03/22 14:10
baisaさん
抗がん剤を拒否されて、本当に良かったですね。抗がん剤は毒そのものだとか(マスタードガスと聞きます)。効果が無いばかりか、免疫力を落とし癌が増えるのだそうです。
美容師をしている人も、あれで良くなった人を見たことが無い、と言います。
今は除草剤ダイオキシンはじめ、放射能やトランス脂肪酸、アスパルテームなどの毒入りの食品がたくさんあります。
一方、発酵食品は体に良いだけでなく、内部被ばくも防いでくれるそうです。なので、みそ(樽から生づめ)や酒粕、甘酒やヨーグルトを積極的に採るようにしています。
mayflower
2016/03/28 17:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
最恐の毒 五月花の羊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる