五月花の羊

アクセスカウンタ

zoom RSS 血液の闇

<<   作成日時 : 2015/11/15 22:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 2 / コメント 4

内海聡氏の記事を転載します。
輸血について、常識を覆す内容です。

転載元


内海 聡

2013年6月19日 ·
.

血液利権、輸血は堂々と行われた生物化学テロである。輸血が人を救っている、輸血でなければ人は救われないという常識は彼らがひた隠すガン利権同様のペテンである。

赤十字社は世界最大の屠殺場、生物化学テロ犯罪組織、人口削減機関である薬害エイズや薬害肝炎を上回る巨悪犯罪が、今もウソ八百の医学理論を隠れ蓑にして堂々と行われている。薬害エイズも薬害肝炎ももともとそれを拡大させたのはウソ八百の血液利権である。これらはいまだにウソ八百の医学理論を隠れ蓑にして、輸血による感染や副作用関しては仕方がないという建前を前提にして真犯人達は捕まっていない。

輸血後死んだり調子が悪くなる人は多い。ただし、たいていは輸血単独で死んでいるのではなく、他の毒剤や有害処置も含む複合的な毒性によって死亡させられている。輸血で助かった話は、まったく何もしないで放置するよりはマシだろうが、役に立ってもせいぜい水分補給くらいの意味しか成していない。つまり、水分補給くらいの役にしか立たないのだから生理食塩水を飲ませたり、輸液するほうが生存率が高くなる。まったく何もしないで放置した場合の生存率と比較して、輸血が人を救っているように演出しているに過ぎない。

結果的にエホバの証人の輸血に関する判断は正しい。ただ、それはおそらく血液理論を理解して拒否しているのではなく、結果的に輸血拒否することに関しては正しかったというだけだろう。輸血拒否で死んだのは正当な医療を施す体制がなかっただけでそのメカニズムは既に解けている。

輸血された血液は赤血球も白血球も正常には機能していない上に放射能汚染物質を大量に体内に投与されたことになる。輸血をされると大量に放射線被曝を受けたのと同じ状態になり、臓器障害、多臓器不全、感染症などが発生するが、そもそも輸血には添付文書や救済制度がないという重大な欠陥がある。

輸血血液は一発で15〜50グレイ程度の放射線が照射されており、さらに有害な化学剤で汚染されているため大量輸血をすると急激に余病が発生するか数ヶ月という短期間で死亡する。輸血される血液は放射能汚染をされたものであり、わざと放射能汚染をさせた劣化ウラン弾のように化学兵器剤に近いものに変質させて投与しているのである。

自分や自分の家族には輸血をさせない医者が世界には多数居る。
血液利権というものが、抗ガン剤利権や精神医学利権の犯罪に匹敵するほどの巨悪の犯罪であることに多くの人はまだ気づいていない。
 



「BBの覚醒」ブログでは、このところ皇后批判の記事が書かれていました。
皇后と言えば、確か赤十字のトップだったはず、そして赤十字はロックフェラーの配下、と思って、「皇后」「赤十字」「ロックフェラー」で検索したら、陰謀論関係のサイトがたくさんヒット。
そのリンクで見かけた記事でした。
内海聡氏は、「血液の闇」という本も出しています。

血液の闇


この本のカスタマーレビューを一件、コピペしておきます。

投稿者 さぴ 投稿日 2014/9/28

形式: 単行本
輸血の怖さは知っていても、なぜ!?と問われるとエビデンスん示せなかったわたしには、ついに手に入れた良書です。

わたしの父が今年なくなりましたが、まさしく病院に殺された状態でした。
ガンのステージ4でしたが、西洋医療以外の療法を積極的に取り入れていたため、 痛みは皆無。ダメだと言ってもパチンコに行ってしまう(笑)くらいに元気でした。
が、定期の病院での検査で強行に抗がん剤を勧められ、父が承諾書にサインしてしまいました。そして同時にされていたのが輸血。
パチンコに運転して行けていた人間が3日後に吐血、下血で亡くなりました。
医者は一言、抗がん剤のせいではありませんが、多臓器不全になりました。
なぜ!?
その答えがこの本でわかりました。
もしあのとき、この本を読んでいて、輸血を拒否できていたら、父は今も生きていたのではないかと思うと、悲しくてなりません。
同じ思いをする人が一人でも減るように、みんなに読んでもらいたい本です。


こちらは血液についての過去記事です。
血液が足りない?!

jw.orgより(手術画像あり)
輸血の代替療法

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スパイ天国日本は情報戦に勝てるのか 言って委員会
11月22日の「そこまで言って委員会 NP」は、日本国民一億総必見の内容だった。 ...続きを見る
風林火山
2015/11/22 22:43
無輸血 ー 医療はその課題に取り組む
 無輸血 ― 医療はその課題に取り組む ...続きを見る
五月花の羊
2016/01/31 15:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ふーーーん、怖い話ですね。

でも、なるほどね、こんなこと頭っから疑わないですものね。
勉強になりました。
ごろー。
2015/11/16 00:10
確かに、輸血は、臓器移植と同じくらい危険なことだと聞きました。それでエホバの証人は、輸血に反対の意見を持っていらっしゃるのですね。
私、皇室制度には疑問を持っていますけど、美智子皇后は、どちらかと言えば好きなんです。そんなに悪い人とは思えない。まあカソリック系の思想はお持ちかもしれませんけど。
あれ!エホバの証人もカソリックなんではないですか?
さよ
2015/11/30 21:00
ごろーさん
自分が嘘をつかない人は、人もそうだと思うものです。日本人は正直が美徳と教えられてきたから、騙されやすいのですね。日本の常識は世界の非常識、と知るべきなのかもしれません。
mayflower
2015/12/17 23:04
さよさん
エホバの証人が輸血を拒否するのは、聖書が「血を避けなさい」と命じているからです。輸血の危険性が知られる前から避けていましたが、それで随分非難されていましたね。子供を殺す、とか。
カトリックはエホバの証人を目の仇にしていますよ。
第二次大戦中、ヒトラーはカトリックと組んで、エホバの証人(当時は聖書研究者と呼ばれていた)を抹殺しようとしました。ユダヤ人と一緒に強制収容所に入れられたのです。
カトリックとは、教義も大きく違います。あちらはマリア崇拝で、神は三位一体、悪人は地獄の火で焼かれる、というものです。
聖書は「神はエホバでキリストは神の子、死者に意識は無い(地獄は存在しない)」と教えています。
mayflower
2015/12/17 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
血液の闇 五月花の羊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる